半 グレ ブラット。 「半グレ」と呼ばれる新たな暴力集団

群馬県太田市で半グレ「ブラット」が弘道会野内組栗山組を挑発の動画

半 グレ ブラット

半グレの活動が活発化しているとされる沖縄の歓楽街 県内唯一の指定暴力団「旭琉會」富永清会長が7月12日に他界したことにより、弔問のために、全国各地から続々と親分衆らが沖縄県へと訪れたのは7月下旬のこと。 幾度となく熾烈な抗争を繰り返し、2011年に組織を一本化させ、組織名を「旭琉會」にあらためた際、組織にトップに就いたのが富永会長であった。 その会長の急逝とあって、必然的に浮上するのが跡目問題ということになる。 だが、地元関係者らの話によれば、まもなく営まれる富永会長の49日まで喪に服し、跡目問題については話し合われることはないと言われていたようだ。 「跡目問題で過激な抗争に発展する恐れはまずないとみられているが、実力者揃いの旭琉會だけあって、何があってもおかしくない。 沖縄県警では現在、その動向に警戒を強めているといわれています」(ヤクザ事情に詳しいジャーナリスト) だが、実は沖縄県警では、そのほかに現在もう一件、頭を抱えている案件があるようだ。 それは、全国各地でその存在が問題視されている半グレ集団だ。 沖縄県随一の歓楽街といわれる松山や、観光地として有名な石垣島を中心に、半グレ集団がはびこり、さまざまなトラブルを起こしているという。 「県内で急速な拡大を見せている半グレ集団のリーダー格の人物は、関西でいち早く半グレ集団を結成させた人物といわれています。 その人物が松山や石垣を拠点に活動する大物親分と通じ、それを後ろ盾にするかたちで、県外から沖縄にやってきている若者たちを束ね、派手にやっているようです」(ジャーナリスト) このジャーナリストによれば、最近ではそのグループと地元の若者たちとの間でトラブルまで起こり始めているというのだ。 地元勢からすれば、県外から来た若者たちが繁華街を我が物顔で闊歩されるのはおもしろくない。 そこに摩擦が生じるわけだが、そうした状態を察した地元当局が、現在警戒を強めているというのである。 そもそも半グレの存在を世に知らしめたのは、東京都内を中心に「海老蔵事件」(2010年11月に起きた歌舞伎役者、十一代目市川海老蔵氏に対する暴行事件)や「六本木クラブ襲撃事件」(2012年9月、六本木クラブ「フラワー」に金属バットなどで武装した男たちが乗り込み、飲食中であった男性を殺害した事件)などを次々に起こして、社会を震撼させた関東連合(解散)だろう。 その関東連合の元メンバーらも、早くから沖縄県に出入りしていることは業界内では知られていたようだ。 「特殊詐欺などで財をなした若者らが、都内の繁華街で派手に飲み歩いていたりしたら、嫌でも目立ってしまう。 それがきっかけで、捜査の手が伸びてくることもあり得る。 そのため、わざわざ遠方の繁華街を利用するようにしていた。 そのひとつが沖縄県だった」(地元関係者) そこに関西で有名な半グレ集団を結成させた人物までもがやってきて、県外からその人物を慕う若者が集まり、半グレ集団を形成させて問題になっているという。 「その人物が大阪で幅を利かせていた頃は、あるヤクザ組織とつながりがあったといわれていました。 ヤクザ業界だけではなく、その人物の人脈は相当広いようで、捜査当局は一時、有名アーティストとの関係性も調べていたといわれていたほどです」(芸能記者) 旭琉會の跡目問題に加えて、半グレ集団の存在。 当局が警戒を強めざるを得ない状況は、整いすぎているといえるわけだ。 2014年、所属していた組織の組長の引退に合わせて、ヤクザ社会から足を洗う。 以来、物書きとして活動を始め、『山口組分裂「六神抗」』365日の全内幕』(宝島社)などに寄稿。 著書に『生野が生んだスーパースター 文政』『2年目の再分裂 「任侠団体山口組」の野望』(共にサイゾー)など。 最新刊は、元山口組顧問弁護士・山之内幸夫氏との共著『』。

次の

大阪・ミナミの半グレ事情・激ヤバ2020年を記者が予想! 桜を見る会、関東連合、テポドン…(2020年1月8日)|BIGLOBEニュース

半 グレ ブラット

の各地にその例が見られ、様々な局面において暴力団と対峙する勢力となり、時に暴力団を圧倒してきた。 組織 [ ] メンバーにはをルーツとする上がりの者が多く、やなどといった独自のビジネスを展開する集団もあると見られているものの、実態は定かとなっておらず、社会問題化するに至った。 「暴走族の元メンバーやその知人らが離合集散しながら緩やかなネットワークで行動を共にするグループ」(2013年・)。 振り込め詐欺や闇金融のほか、、やの運搬業、やの経営、ならびにの運営などが大抵のメンバーのいわゆる「」(資金獲得活動)となっている。 また半グレが振り込め詐欺や、屋根リフォーム詐欺・屋根破壊などで得た資金を、暴力団に上納しているのではないかとの疑惑も根強く存在する。 との顕著な違いとして、暴力団に籍を置いていないがゆえにの適用を受けないこと、活動の匿名性や隠密性、メンバーの年齢層の若さ(年長でも40歳代まで)、ならびに、人員供給の拡大傾向が挙げられる。 少数ながら暴力団系のグループも存在してはいるものの、大半は暴力団と距離を置いているため、暴力団対策法の規制を受ける暴力団とは違い、有効な法規制を受けない状況となっている。 資金源 [ ] 振り込め詐欺 [ ] 半グレが関わっている詐欺行為で最も悪質なものはである。 2012年の時点の振り込め詐欺グループのトップにいた半グレ実業家は、関東連合OBやメンバー 初期は彼らも下積みにいたことから「第二世代」と呼ばれる がオーナーをしていた時代に下積みをして成り上がり、自らもオーナーとなった「第三世代」であり、その下にいるのは「番頭格」と呼ばれる企業の中間管理職に相当する幹部がいて、振り込め詐欺を実際に行う「プレーヤー」、被害者や銀行から金を受け取る「出し子 取り子とも 」を行うの不良少年やワーキングプアといった者達を統括していたと言われる。 屋根リフォーム詐欺 [ ] 振り込め詐欺に匹敵する悪質性を帯びているのが、「屋根リフォーム詐欺」と、それに伴う器物損壊である。 写真週刊誌FRIDAYが初めて明らかにしたその実態は、オーナーが半グレの屋根リフォーム詐欺業者は、屋根の無料点検と称して屋根に昇り、屋根に破損個所がない場合は、金づちで破壊(器物損壊罪)してしまうのである。 契約が成立した場合、被害者に請求する金額は、一般の業者の相場の約「2倍」である。 例えば、家屋面積20坪で相場50万円台のところ、半グレ業者は「100万円」以上を請求する。 半グレ業者のセールスマンは半年程度で辞めてしまうが、応募者は後を絶たずすぐに補充できる。 なぜなら、半グレのオーナーがインスタグラムに「芸能人との写真をアップ」しているからである。 この悪徳業者は業界団体がHPで注意を喚起している事例 よりも、はるかに悪質であり当局の摘発が待たれるところである。 また床下診断の悪徳商法も以前から存在するが、半グレとの関係も疑われている。 マスク買い占め [ ] 2020年5月22日号は、半グレや暴力団が「マスクの買い占め」を行ったと報道した。 報道によれば、半グレらはが報じられた2020年1月には、早くもマスクの大量買い占めに乗り出していた。 半グレたちは買い占めたマスクを高額で売りさばき、在庫が無くなりそうになると海外現地のマフィアに買い占めを依頼したという。 スカウト業務 [ ] 京都では半グレ起業家らが違法な行為でされた。 同起業家らは有名大学の男子学生に若い女性をナンパさせた上、経営しているバーに連れて行くというを行い、多額の借金を抱えた女性らに対しで働くよう要求。 紹介料として女性への給与の一部を受け取っていた。 実行役の学生向けに作ったマニュアルには、「日本の大学はぬるま湯。 それに甘んじて損をするのはあなた達」などとのような文句が並び、男子学生たちは「自分はただの学生とは違う」という意識で業務に精を出していたという。 またこのような悪質な手口は関西だけでなく、東京など関東でも行われていたと、ある私大OBは指摘している。 その他 [ ] 半グレによるも確認されている。 大阪・ミナミの歓楽街にあるクラブにて暴行されて複数の男女が金品を奪われる強盗致傷事件が発生し、男女8人から成る半グレ集団「軍団立石」のメンバーらが逮捕された。 それ以外にも、元組員からの情報を得た半グレが複数の暴力団組長の邸宅を襲撃して金品を奪うという事件を起こしたり 、お笑い芸人との交際が報じられた金塊強盗事件の首謀者が「半グレのリーダー」と称されたりという事例がある。 また、違法とは言えないが反社会的な行為であるの売買にも関わっていたとされている。 2010年代前半、人工を使用した、いわゆるの販売をヤミ金出身の半グレが行っていた。 しかし警察の取締が本格的になり、半グレは「合法ハーブ」販売業から次々と撤退したとされている。 また、半グレが合法的なビジネスを行う、もしくは表向きの肩書にするというケースも見られる。 関東連合OBのは芸能プロダクションやIT系広告代理店を営んでおり、または業界で働いていた。 暴力団との関係 [ ] 大半のメンバーが暴力団組織に所属しない特徴のある半グレであるが、シノギなどにおいては組織として暴力団と共存関係を築き、を収める場合もある。 大阪を地盤としていた半グレ集団アビスの場合では、任侠山口組系組織に月30-50万円を上納していたほか、同じ半グレ集団O7(アウトセブン)との対立時には暴力団による仲裁で沈静化が図られている。 このため半グレ集団への警察の対応は、暴力団対策を担当するが実施。 2018年9月以降、多数の関係者が逮捕された結果、アビス、O7ともに2018年中に解散に至っている。 また、暴力団の側も近年は新人や下部メンバーを組員として登録せず、傘下の半グレ集団の一員として活動させているとも言われる。 定義は「暴力団と同程度の明確な組織性はないものの、構成メンバーが集団で常習的に暴力的な不法行為をしているグループ」。 先立つ2012年に東京で発生した関東連合関係事案「」がそのきっかけであったという。 準暴力団に指定されている団体は、東京の8団体と2017年に大阪府警が指定した2団体の計10団体が準暴力団と見なされている。 2017年から2018年にかけて、大阪府警は半グレ集団アビスが経営していたの経営者ら55人を傷害や恐喝未遂などの疑いで逮捕・送検、もしくは書類送検・家裁送致とし、組織を解散に追い込んだ。 出典 [ ] []• 『』 2012年10月29日 『』• 33 2011年• 『』 2012年12月9日 (英語)• 『』 2013年11月4日• 172 2011年• 『』 2012年1月17日• 『』 2013年1月29日• 『』 2013年3月7日• 『』 2013年3月20日・朝刊 - 『』• 157 2011年• 158-164 2011年• 173 2011年• FRIDAY、2019年8月16日号、p. FRIDAY、2019年8月16日号、p. FRIDAY、2019年8月16日号、p. FRIDAY、2020年5月22号、p. 57、講談社• 2019年7月29日放送• 聖域 関東連合の金脈とVIPコネクション 柴田大輔• 産経新聞 2019年1月3日. 2019年1月3日閲覧。 『』 2013年3月7日• 『』 2013年3月7日• 『』 緒方健二 2013年4月9日• 2016年2月25日. 2016年4月3日閲覧。 【RNO! 】Real News On-line! 【リア・ニュー!】 2018年4月17日. 2018年12月12日閲覧。 INC, SANKEI DIGITAL 2018年4月14日. 産経ニュース. 2018年12月12日閲覧。 朝日新聞デジタル 2018年12月13日. 2019年1月3日閲覧。 関連項目 [ ]•

次の

大阪市西区の半グレグループ「ブラッキー」が内装工事会社の従業員を脅してタダで内装工事をやらせたとして逮捕!(ABCテレビ)

半 グレ ブラット

半グレの活動が活発化しているとされる沖縄の歓楽街 県内唯一の指定暴力団「旭琉會」富永清会長が7月12日に他界したことにより、弔問のために、全国各地から続々と親分衆らが沖縄県へと訪れたのは7月下旬のこと。 幾度となく熾烈な抗争を繰り返し、2011年に組織を一本化させ、組織名を「旭琉會」にあらためた際、組織にトップに就いたのが富永会長であった。 その会長の急逝とあって、必然的に浮上するのが跡目問題ということになる。 だが、地元関係者らの話によれば、まもなく営まれる富永会長の49日まで喪に服し、跡目問題については話し合われることはないと言われていたようだ。 「跡目問題で過激な抗争に発展する恐れはまずないとみられているが、実力者揃いの旭琉會だけあって、何があってもおかしくない。 沖縄県警では現在、その動向に警戒を強めているといわれています」(ヤクザ事情に詳しいジャーナリスト) だが、実は沖縄県警では、そのほかに現在もう一件、頭を抱えている案件があるようだ。 それは、全国各地でその存在が問題視されている半グレ集団だ。 沖縄県随一の歓楽街といわれる松山や、観光地として有名な石垣島を中心に、半グレ集団がはびこり、さまざまなトラブルを起こしているという。 「県内で急速な拡大を見せている半グレ集団のリーダー格の人物は、関西でいち早く半グレ集団を結成させた人物といわれています。 その人物が松山や石垣を拠点に活動する大物親分と通じ、それを後ろ盾にするかたちで、県外から沖縄にやってきている若者たちを束ね、派手にやっているようです」(ジャーナリスト) このジャーナリストによれば、最近ではそのグループと地元の若者たちとの間でトラブルまで起こり始めているというのだ。 地元勢からすれば、県外から来た若者たちが繁華街を我が物顔で闊歩されるのはおもしろくない。 そこに摩擦が生じるわけだが、そうした状態を察した地元当局が、現在警戒を強めているというのである。 そもそも半グレの存在を世に知らしめたのは、東京都内を中心に「海老蔵事件」(2010年11月に起きた歌舞伎役者、十一代目市川海老蔵氏に対する暴行事件)や「六本木クラブ襲撃事件」(2012年9月、六本木クラブ「フラワー」に金属バットなどで武装した男たちが乗り込み、飲食中であった男性を殺害した事件)などを次々に起こして、社会を震撼させた関東連合(解散)だろう。 その関東連合の元メンバーらも、早くから沖縄県に出入りしていることは業界内では知られていたようだ。 「特殊詐欺などで財をなした若者らが、都内の繁華街で派手に飲み歩いていたりしたら、嫌でも目立ってしまう。 それがきっかけで、捜査の手が伸びてくることもあり得る。 そのため、わざわざ遠方の繁華街を利用するようにしていた。 そのひとつが沖縄県だった」(地元関係者) そこに関西で有名な半グレ集団を結成させた人物までもがやってきて、県外からその人物を慕う若者が集まり、半グレ集団を形成させて問題になっているという。 「その人物が大阪で幅を利かせていた頃は、あるヤクザ組織とつながりがあったといわれていました。 ヤクザ業界だけではなく、その人物の人脈は相当広いようで、捜査当局は一時、有名アーティストとの関係性も調べていたといわれていたほどです」(芸能記者) 旭琉會の跡目問題に加えて、半グレ集団の存在。 当局が警戒を強めざるを得ない状況は、整いすぎているといえるわけだ。 2014年、所属していた組織の組長の引退に合わせて、ヤクザ社会から足を洗う。 以来、物書きとして活動を始め、『山口組分裂「六神抗」』365日の全内幕』(宝島社)などに寄稿。 著書に『生野が生んだスーパースター 文政』『2年目の再分裂 「任侠団体山口組」の野望』(共にサイゾー)など。 最新刊は、元山口組顧問弁護士・山之内幸夫氏との共著『』。

次の