ウーバーイーツ 配達 料金。 【報酬実績まとめ】時給換算でUber Eatsの配達報酬はいくらなのか?儲かるのか?【ウーバーイーツの料金システム】

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達でもらえる配達料は?

ウーバーイーツ 配達 料金

売上にお困りの飲食店舗向けに無料公開! デリバリー・テイクアウトで飲食店の集客課題を解決 ウーバーイーツや出前館が注目されている コロナウィルスの影響で外出自粛が要請されるなか、消費者も外食を控える傾向にあります。 そのなかで家の外に出なくても、外食気分を味わえるデリバリーサービスへの需要が高まってきているのです。 様々な企業や飲食店がデリバリーサービスを展開していますが、そのなかでも特に注目されているのがウーバーイーツと出前館。 ウーバーイーツはデリバリーサービスの新しいかたちとして、出前館はデリバリーサービスの王道のサービスとしてそれぞれユーザーを集めています。 ウーバーイーツと出前館の違い ではウーバーイーツと出前館にはそれぞれどのような特徴があるのでしょうか。 それぞれのサービスを理解するために、まずは以下で確認していきましょう。 ウーバーイーツの特徴 配達パートナーが近くの飲食店のデリバリー配達を行う仕組みという点。 固定の配達スタッフが行うわけではなく、そのときに近くにいる配達パートナーをマッチングさせるというシステムです。 そのため、飲食店側で配達スタッフを用意する必要がなく、コストや初期投資をしなくてもデリバリーサービスを行えるという点が最大の特徴ではないでしょうか。 これまでデリバリーサービスを行っていなかった飲食店も、ウーバーイーツの台頭によりデリバリーサービスを開始する店も多くあります。 出前館の特徴 出前館は夢の街創造委員会株式会社が運営。 今日インターネットでデリバリーサービスを利用する先駆けとなったサービスとも言えます。 出前館では飲食店のフードデリバリーだけでなく、スーパーの配達サービスなど日常生活で必要なサービスのデリバリーも行っているのも特徴の一つです。 最近では、デリバリーサービスを行っていない飲食店の代わりに、出前館側で配達機能を提供する「シェアリングデリバリー」に注力しています。 ウーバーイーツと出前館の比較 実際にウーバーイーツと出前館のサービス内容や規模について、比較をおこなってみましょう。 加盟店数 ウーバーイーツの加盟店数は14,000店 2019年9月末時点 、出前館の加盟店数は19,122店 2019年4月末時点。 画像引用:出前館HP 現時点での加盟店数としては出前館が多いです。 しかし、2016年9月に始まったサービスであるため、急拡大していることがわかります。 今後ウーバーイーツが出前館の加盟店数を抜くということも予想できるのではないでしょうか。 参考データ 配達手数料 ウーバーイーツの配達手数料は、地域やお届けまでの距離、混雑状況等によって異なります。 お届け先までの距離が短ければ短いほど、配達手数料も安くなるということです。 出前館の配達手数料は店舗毎によって異なりますが、相場としては200円以上、無料で行っている店舗も多くあります。 しかし配達手数料はどちらもアプリやサイト上で注文前にリアルタイムの料金を確認することができるようになっているため、安心です。 お届け先の柔軟度 ウーバーイーツに関しても、出前館に関しても自宅に限らず屋外への配達も可能となっています。 公園等に配達希望の際は公園の入り口などわかりやすい場所を指定するようにしましょう。 注文料金の最低金額 ウーバーイーツの場合、注文最低金額を設けていません。 なのでドリンク1杯の注文も可能となっています。 タピオカドリンクを扱うお店ではこうしたドリンクのみの注文も多くあったようです。 出前館の場合、最低注文金額は各店舗で設定されていますが、相場としては1500円前後でしょう。 最低注文金額の設定に関して、気軽に注文できるのはウーバーイーツかもしれません。 注文対応時間 こちらも店舗によって異なります。 遅い時間だと出前館では深夜2:00まで、ウーバーイーツでは深夜1:00までの店舗があります。 東京都心部では夜中まで注文を受け付ける店舗が多いなど、地域や繁華街、店舗によっても異なるでしょう。 料理の数や配達時間、価格は状況による ここまで様々な項目で比較をしてきましたが、基本的には掲載している店舗毎によって異なるというのが基本ということを踏まえておきましょう。 また、お届けまでの配達時間に関しても注文数や距離、配達パートナーの数、時間帯によっても異なります。 また、料理の価格に関しても店舗毎で設定できるようになっています。 店舗としては手数料込みの値段で提供することになるため、しっかり考えたうえで価格を決定することになるでしょう。 ウーバーイーツの手数料 飲食店側 ウーバーイーツや出前館では、配達デリバリーのシェアサービスとして飲食店側が手数料を支払う仕組みになっています。 まずはウーバーイーツの手数料についてチェックしていきましょう。 注文金額から割合で決定 ウーバーイーツでは飲食店が支払う手数料を、注文総額の35%としています。 この手数料のなかに、システム手数料や配達手数料等が含まれているかたちになるでしょう。 ウーバーイーツでは手数料を引かれた金額が支払われる ウーバーイーツへの手数料支払いに関しては、売上金額から差し引かれるかたちになるようなので、振込の手間が省けるのがメリットでもありますね。 出前館の手数料 飲食店側 次に、飲食店が出前館に支払う手数料についてチェックしていきます! 出前館の手数料も注文金額に対する割合 出前館の手数料は、注文料金に対して割合で設定しているため、変動する仕組みになっています。 出前館サービス利用料は商品代金 税抜 の10%、配達代行手数料が30%、決済手数料が最大3%としています。 決済手数料はクレジットカード会社に支払うものなので、出前館に支払う手数料としては、注文代金の40%ということになりますね。 出前館が飲食店を支援!手数料割引を実施 注文代金の40%が手数料として引かれてしまう点が気になる方に朗報!出前館では、新型コロナウィルスによる飲食店への打撃を配慮して、手数料のなかで配達代行手数料の割引を実施しています。 通常30%の手数料を23%と、7%もの割引になります。 しかも期間は2020年5月1日~2020年10月31日までの長期間。 これからデリバリーサービスを検討している飲食店や、ウーバーイーツとともに出前館も活用することを検討している場合は是非この機会に始めてみてはいかがでしょうか。 飲食店にとっては集客が難しくなっている今の時期、新たな集客手段としてフードデリバリーという選択肢が注目されています。 そこで飲食店にとってウーバーイーツの魅力を大きく3点に絞ってご紹介します。 配達スタッフを自店で用意しなくてよい ウーバーイーツでは、配達スタッフをウーバーイーツ上で集めた人材をシェアすることで賄っています。 そのため、デリバリーを行う上で前提となる配達スタッフの用意や配達に必要な手段の用意という点も不要なのです。 また、店舗の従業員をあらかじめ配達パートナーとして登録しておくことも可能であるため、万が一配達パートナーが見つからないときな度に備えることもでき、安心です。 コストをかけずにサービス導入できる 上記で触れたとおり、配達スタッフの用意が不要であるため、基本的には人件費や配達手段等のコストをかける必要がありません。 また、ウーバーイーツでは月額料金も無料となっているため、ランニングコストも発生しないでしょう。 このように、ウーバーイーツなら、コストをかけずにデリバリーサービスを行うことができるようになっていて、新たな売上を作る方法としてメリットがあるのです。 コロナの集客対策に 昨今のコロナウィルスの影響により、消費者は外食を控える傾向が強まってきています。 飲食店にとっても売上が激減し、店舗の経営が厳しくなってきているケースが多いはず。 そこで、人との関わりが少なく、外出する必要がないデリバリーサービスが注目されているのです。 集客が厳しい状態のなかで、デリバリーサービスをできる環境がない場合でもすぐに始められるというメリットがあるとして、ウーバーイーツへの加盟店登録への注目が高まっているのでしょう。 まとめ 今回はウーバーイーツと出前館について、デリバリーサービスの2大勢力としてそれぞれの特徴とともに比較を行いました。 出前館にはデリバリーサービスの安心感、ウーバーイーツには新たなデリバリーサービスとしての注目度が高まっています。 これからの動きにも注目していきましょう!.

次の

ウーバーイーツのバイトの実態を解説【2年続けている僕が語ります】

ウーバーイーツ 配達 料金

自宅にいながら人気店の料理を注文できるUber Eats(ウーバーイーツ)。 便利なアプリですが「料理の料金が普通に買うより高い」と感じている方も多いのではないでしょうか? 実際にUber Eatsの料金は、お店に行って買い物をするよりも高額です。 Uber Eatsは、お店から手数料をもらってサービスを維持させています。 お店は 手数料がかかるので、 通常よりも商品の値段を高く設定しているのです。 では具体的にどれくらい値段が高くなるのか、この記事ではUber Eatsの料金の仕組みを、どこよりも詳しく&分かりやすく解説します。 また、 Uber Eatsをお得に使いこす3つのコツに付いても紹介するのでぜひ最後までお読みください! 目次• Uber Eats ウーバーイーツ が高い2つの理由 Uber Eatsは、 料理を作るお店と注文者をつなげる宅配サービスです。 配達には手数料が発生するため、通常の注文よりも高くなります。 より詳しい理由として、以下の2つを紹介します。 配達手数料やサービス料がかかる• お店がUber Eatsに手数料を支払っている 【Uber Eatsが高い理由1】 配達手数料やサービス料がかかる Uber Eatsの利用には、配達手数料やサービス料がかかってしまいます。 主にかかるのは、以下の3点です。 配達手数料 宅配にかかる手数料。 距離や地域によって変動 (数百円) 少量注文の手数料 700円未満の注文時には手数料として150円が追加 サービス料 注文した商品の小計5〜10% 従来Uber Eatsの注文時にかかる費用は、商品の代金+配達手数料でしたが、 2019年10月から、少量注文とサービス料が追加されました。 このように商品の料金だけでなく他の手数料がかかってしまう点が、Uber Eatsの高い理由です。 【Uber Eatsが高い理由2】 お店がUber Eatsに手数料を支払っている お店はUber Eatsに、 手数料として商品金額の35%を支払っています。 例えばお店が1,000円の商品を販売すると、350円がUber Eatsに納める料金です。 そのため、お店は 手数料分の利益を上乗せして利益を確保する必要があります。 よって、Uber Eatsで注文すると通常より高くなるのです。 Uber Eats(ウーバーイーツ)を安く利用する方法3選 商品や配達手数料が 高くなる仕組みを知ることで、 安く利用するためのポイントを抑えることができます。 Uber Eatsをできるだけ安く利用するため、3つのポイントをお伝えします。 正規料金に近いお店を選ぶ• 配達手数料が安いお店を選ぶ• クーポンを利用する 【Uber Eatsを安く利用する方法1】 正規料金に近いお店を選ぶ Uber Eatsは、お店によって 正規料金と同じことがあります。 特にチェーン店は、顧客獲得のため値段を一定にしている場合が多いです。 例えば、KFCはオリジナルチキン1ピース分の料金は同じです。 また、ローソンスイーツのバスチーも、同額215円で提供されています。 安く利用したいときは、価格設定に注目してみましょう。 よって、手数料が安いお店を選ぶことで、Uber Eatsをリーズナブルに使うことが可能です。 たとえばこちらのピザ屋さんだと、配達手数料は50円と格安です。 (東京23区・日曜日19時の金額)• 自宅から近いお店へ注文する• ピークタイムを避ける などを考えて選択すれば、かなり手数料を抑えられます。 もちろん食べたいものを食べるのが一番ですが、お店選びの参考にしてみてください。 Uber Eatsでは、お得なクーポンがいくつか提供されています。 初回限定クーポン• 配達手数料無料クーポン• 時間帯割引クーポン 初回限定クーポン 全ての商品で 1,000円オフが適応されるのは、 初回限定クーポンだけです。 利用には期限があるので注意。 こちらのコードを入力すると手に入れることができます。 配達手数料無料クーポン マクドナルドやケンタッキーなど、チェーン店を中心に配られます。 注文数や金額に関係なく、 配達手数料が無料で利用できるのでお得です。 場合によっては、使用回数無期限なんてことも。 時間帯割引クーポン 時間帯によって、10〜30%オフになる割引クーポンもあります。 早朝や深夜の時間で配布されることが多いです。 例えば、午前8時〜午後12時など混みにくい時間帯で使えます。 初回限定クーポン以外は、 不定期的に配布されるため見つけたらラッキー! Uber Eats公式ブログなどで、最新の情報を要チェックしましょう。 【番外編】 他のフードデリバリーサービスを使う 実はUber Eats以外にもフードデリバリーをすることができるサービスはたくさんあります。 特にUber Eatsって元はアメリカのサービスなので…• アプリが使いづらい• サポートの対応が悪い など、色々な不満も生まれやすいですよね。 なので、国内の別のフードデリバリーサービスを使うのもおすすめ。 当メディアではたくさんのサービスを利用しましたが 国内のものはとにかくアプリが使いやすく、料金もUber Eatsより安い価格がほとんどです。 また、ほとんどのサービスに 割引クーポンが付いているので初回は1000円OFF程度でご利用できます。 試しに使ってみるのはいかがでしょうか? おすすめなフードデリバリーサービスはこの後、詳しく紹介いたします! Uber Eats以外のおすすめフードデリバリーサービス menu• Uber Eatsと比べて配送にかかる費用が安い• クーポン入力で初回は総額2000円OFF• 自社雇用スタッフなので配達のクオリティが高い• 口コミを見てお店を選べる• アプリが超使いやすい• 新サービスに付きお得なクーポンをばら撒いている• 5月31日まで半額ポイント還元セール実施中 Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達手数料の計算方法とは? Uber Eatsを利用した時の配達手数料は、 地域や時間帯・お店との距離によって大きく変わります。 ただし、具体的な計算方法はUber Eatsから発表されていません。 そこで参考までに、東京都内で19時頃にアプリを利用した時の料金を紹介します。 お店 配達 目安時間 配送 手数料 日本料理 10~20分 100円 ピザ 15~25分 50円 ケンタッキー 15~25分 450円 タピオカ 20~30分 400円 タイ料理 15~25分 250円 中華料理 30~40分 400円 安い場所では50円や100円の店舗も存在しますが、価格帯は200円~500円が主流です。 お店によっては配達時間が変わらなくても、料金には大きな差が出ます。 周辺の配達パートナーの数• 注文した時間帯• 天候 などによって配達手数料は変動するので、注文時には注意が必要です。 値上げ率はお店によってバラバラなので、どれくらい高くなるのか気になりますよね。 そこで、正規の値段とUber Eatsで注文した時の値段を比較してみました。 ざっとみた感じ、料理のジャンル問わず 値上げ率30%以上のところが目立ちます。 やはり、多くのお店が高めの値段設定にしていますね。 さらにこれに配達手数料やサービス料が加わるため、どうしても正規料金より値上がりしてしまいます。 Webや口コミから、高いのに使われている理由を5つご紹介します。 自宅でいつでも注文できる• 行列に並ばなくていい• いろいろな料理が食べられる• パーティーなど人が多い時に役立つ• 自宅以外でも指定した場所に届けてくれる 【Uber Eats(ウーバーイーツ)を使う理由1】 自宅でいつでも注文できる Uber Eatsは、営業時間内であれば自宅でいつでも注文できます。 住所と目的の商品を選ぶだけで、簡単に自分の好きな料理を食べられるのです。 雨の日や自宅でゆっくりしたい休日など、家から出ずに注文できるのは便利ですよね。 昨日初めてUberEats頼んだんだけど、今更Uber無いと生きていけないと言う人たちの気持ちが分かってしまった😂 選ぶの楽しいし、楽チンだし美味しくて最高じゃん。 一度味わったらとりこになるほど便利です。 【Uber Eats(ウーバーイーツ)を使う理由2】 行列に並ばなくていい 人気店や流行のものも、 Uber Eatsを使えば待ち時間ナシです。 タピオカなど人気の商品は、2時間待ちなんてざらですよね。 その時間を趣味や家事など、他の作業に使えます。 人気店の料理を行列に並ばずに食べられるのは、Uber Eatsのメリットです。 【Uber Eats(ウーバーイーツ)を使う理由3】 いろいろな料理が食べられる 今までのよくあるデリバリーサービスは、ピザや麺類、お弁当が主流です。 Uber Eatsは、設定した住所から 料理のジャンルに関係なくリストアップしてくれます。 さらに最低数が決まっていないため、1つからでも注文できます。 いろいろな料理を食べられるので、気になるお店を試したいひとに人気です。 【Uber Eats(ウーバーイーツ)を使う理由4】 パーティーなど人が多いときに役立つ Uber Eatsは、単体だけではなく セットメニューも注文できます。 多くの人が集まる場合、パーティーを盛り上げるためにはたくさんの料理が必要です。 Uber Eatsを使えば、わざわざ買い出しに行かなくて済みます。 【Uber Eats(ウーバーイーツ)を使う理由5】 自宅以外でも指定した場所に届けてくれる デリバリーといえば、確定した住所が必要でした。 Uber Eatsは、例えば公園や海などの野外でさえ 目標となる目印があれば届けてくれます。 公園で遊んでいて、お腹がすいたけど周囲に何もない。 そんな時こそ、Uber Eatsの出番です。 建物がなくても注文できるサービスは、他にないのではないでしょうか。 外で利用してみて、Uber Eatsの便利さに気づく人が増えています。 【1,000円OFFクーポン】 Uber Eats(ウーバーイーツ)を一番お得に使う方法【初回限定】 初めてUber Eatsを利用するあなたには当サイト限定のクーポンコードを発行しております! ー1000円OFFクーポンコードー 「interjpq2206jdz1」.

次の

ウーバーイーツの料金の仕組み【4段階で指定して検索する方法も解説】

ウーバーイーツ 配達 料金

最低保証額制度 ウーバーイーツ配達パートナーには 最低保証制度というものがあります。 最低保証制度とは一言で言うと、一定の配達を完了したのち、報酬が基準額を下回ると差額をもらえるという制度。 150回配達を完了し、100, 000円以上を獲得しましょう!• 配達数 10回:基準額 5,000円• 配達数 30回:基準額 15,000円• 配達数 50回:基準額 30,000円• 配達数 80回:基準額 50,000円• 配達数 120回:基準額 80,000円• 配達数 150回:基準額 100,000円 初回の配達から30日以内に150回配達すれば最大100000円はもらえるという仕組みです。 しかし最低保証制度では150回の基準額は100000円なので 差額の 100000-75000=25000円が支払われます。 つまりとっても素晴らしい制度なのです。

次の