人生 トントン 説。 人生はプラスマイナスゼロか?

人生うまくいかないことばかり、ではない。うまくいく時はトントン拍子!?

人生 トントン 説

どっちもおんなじことを言いたいんやで。 人生に意味はない、起きることは中立、ニュートラルである説。 そして、 人生で起きること全てに意味がある説(鏡の法則、原因と結果の法則)、みなさんはどう思いますか? 人生の出来事は中立なのに、全部に意味があるって正直矛と盾みたいにケンカしちゃいそうですよね。 結論から先回りして、言ってしまうと、一見すると相反するこの二つの説ですが、言っていることは 「同じ」という印象をぼくは持っています。 なんともトンチの聞いた言い回しでぼくはどちらも好きですが、みなさんはどんな印象を持っているでしょうか? 目次• 人生に意味はない、起こること全ては中立? まずは、人生は中立、ニュートラル説をみていきましょう。 こちらはわりとスピリチュアルとか宇宙っぽい考えですね。 敢えて分けるとすればですが。 というのは 今のところないです。 ただ、みなさん大好きバシャールとか、その他ザ・スピリチュアリストさんたちはこの人生はフラットなんやで。 をけっこう使います。 ぼくもこれにはかなりの部分で同意しています。 強いて無理矢理それっぽい根拠を挙げるとすれば、「」っていう説ですね。 中立な世界と思考のデコレーション 人生に意味はなく出来事全てがフラットであるとしたら、ぼくらはなにで意味付けをするのかといえば、それが 思考や意識、マインド、エゴ、無意識ですね。 めちゃくちゃ簡単かつ乱暴に例を挙げるとしたら、「超快晴な太陽が照る朝」があったとしましょう。 この朝、気分いいなあと思えば、 「完璧な朝」になるし、前日にめちゃくちゃ嫌なことがあったら、外は晴れているのに内側はどんよりした 「不完全な朝」になります。 この「朝」は完全に中立で、自分の思考や無意識がデコレーションしていくというイメージです。 言わずもがな、この「朝」には他にもいろんな名詞や言葉、出来事が入るとなんとなく思ってみてください。 この辺りは、以下の関連記事を読むとより理解が深まるかもしれません。 物事や人生すべてには意味がある?起こることは必然なの? 一方で、人生のすべてに、物事のすべてに意味があるとする説もありますよね。 原因と結果の法則、鏡の法則なんかが有名です。 原因と結果の法則と鏡の法則 仏教などにも登場する因果応報や、ジェームズ・アレンの原因と結果の法則、鏡の法則は 人生すべてが自分の考えてきたこと、行いなどの結果やで。 と言いますね。 ただ、こちらも研究者がうんぬんとか、根拠のある話ではもちろんありません。 ただ、ぼくらには仏教感覚が身についていますので、例えば、人の悪口言ったらバチが当たるとか、悪い行いには災いが付くとかそういうコンセプトは馴染みが深いです。 なので、自分を律するという意味合いでのすべて「必然説」、そしてまあまあラッキーがあったことにおける「シンクロ説」はかなりの部分で適用させる人が多い印象です。 なにがスタートにあるのか 因果応報、原因と結果の法則、鏡の法則に寄った場合の人生に、物事のすべてに意味がある説の「原」もやっぱり、 思考や意識、マインド、そしてエゴ、無意識になるとぼくは感じています。 思考や意識の延長上にはもちろん、行動も付随します。 だから、Aがあって、Bが起こるみたいな必然性は確かにありそうです。 宿命や運命の取り扱い スピリチュアルっぽい話になると、宿命や運命などのお話も飛び出してきます。 こちらは人生中立説にも、人生にはすべてに意味がある説にも一見すると、適用されないようにみえます。 ただ、(魂とか意識体とかに)突き詰めてしまうと、やっぱり 自分で選んでいる宿命や運命なので、両方に適用されるんでしょうね。 ただ、これは何度も言っていますが、 スピリチュアルっぽい考えをとりわけめっちゃつらいときに適用させるのは「毒」になり得ます。 例えば、ネグレクトな両親のもとに生まれたAさんは、仮にその状況が他の人と比べてめっちゃ辛かったら、人生中立だとも、人生にすべては意味があるとも、運命だろうと宿命だろうとわりと復活するまでは、思えないかもしれません。 さらに、若くして事故で亡くなった方に関して、行いがどうとか、それはフラットでね。 とか言ったらたぶん傷口にめちゃくちゃ強烈に穴をあけるだけの作業になります。 自分を責める結果になりますからね。 めっちゃつらいで。 というときは、スピリチュアル視点のトリセツではなく、 自分が一番楽になるトリセツをバンバン使ってみましょう。 人生に意味はない説と物事すべてに意味がある説の共通点 人生に意味はなく物事はすべて中立説と物事すべてには意味がある説の共通点をみていきましょう。 結論から言えば、ぼくらが大好きな(無意識を含む)意識ですね。 意識が現実を作る 物事すべては中立である説もすべてに意味がある説も伝えたいのはこれだけです。 つまり、 意識が現実をつくる。 ですね。 この強烈かつわからないけどなんとなくわかっちゃう事実をこの2つの説は違う角度からアプローチしているに過ぎないんでしょう。 スマートフォンを手に収まるサイズの機械と捉えるのか、液晶画面があって、遠くの人とコンタクトが取れて、便利に24時間365日どこでもいけちゃうすごい機械捉えるくらいの差ですかね。 意識と願望と行動 意識が現実を作るというコンセプトは、スピリチュアルでも宇宙っぽい考えでもたびたび登場します。 これは敢えて分けるのであればエネルギーや意識体に比重を置いたぼくらからみると 宇宙の法則ですね。 意識体ではないぼくらが、この意識が現実を作るを理解するには、普段している願望とか行動が「現実」に影響はしてくると思います。 ただ、出発は 無意識を含む意識です。 ちょっといい加減な例を挙げてしまうと、 アマゾンの少数民族にピダハンという400人程度の部族がいます。 彼らの言語には 左右、色、数などを表す言葉がありません。 また、 過去や未来を指す言語がなく、すべては現在形で会話が成立するようです。 当然ながら、彼らには色はぼくらが理解しているような赤とか黄色ではなく、木とか森、動物の毛とか、そういう色の表し方(現実)になり、過去や未来を表す言葉がないので、いわゆるぼくらが将来に感じる漠然とした不安も彼らは理解ができないでしょう。 彼らの現実は「現在」がすべてなので。 だから意識することも、無意識になることも 彼らの中では「将来」も「過去」も消えます。 ただ、日本やその他ほとんどの国では未来や過去を表す言葉も表現も「事実っぽいこと」もあるので 当然「未来」や「過去」は存在します。 同じ場所にいるのに、意識や無意識が違うと、あらわれる現実が違うなんともいい加減な例ですね笑 人生に意味はないけど、意味を作っているかも 少し、起こる出来事に話を戻すと、確かに人生で起こることに関しては、どこからどうみても中立でフラットです。 天気のいい日の朝とおんなじです。 ただ、ぼくらは見えない部分の無意識でも、見える部分でも意識をつくる生き物です。 だから、そういう意味においては、何事にも意味があるというのも大正解です。 もっと言ってしまうと、(無自覚なところはありつつ) 意識であらゆる出来事の意味付けをしているというのがこの2つの説の落としどころなんだと思いますよ。 だから、スピリチュアルっぽい話になると波動をうんぬんとか、良いモノにアンテナを張るとか、それっぽいやつを主張しがちなんだと感じています。 だからといって、ネガティブなモノがダメかと言われたら、やっぱり「ネガティブ」というのはそれさえも突き詰めてしまうと、中立なので意識や思い込みが作った幻想に過ぎないのかもしれません。 例えていうなら、おばけがダメという程度の説得力でしょうね。 そうなると「幸せ」とか「不幸」はどこから来るのかって言えばやっぱりぼくらの意図次第になる可能性が非常に高いですね。 まとめ:人生に意味はないけどすべてに意味付けをしている 今回は、物事が中立である説と物事全部に意味がある説を比べてみました。 確かに意識が現実をつくるとか、すべては中立で意味付けをしているという考えは納得できる部分もある人が多いと思います。 ぼくもそうです。 ただ、これも繰り返しになりますが、やっぱり落ち込んでいるとき、不安が多い時、傷ついている時に、空元気でポジティブとか、ネガティブを感じきるとかはそこまで必要ない気がしています。 わりと落ち着いてから意識を感じることをめちゃくちゃおすすめします。 それか、ピダハン語とかの本を読んでからアマゾン部族に想い馳せてからが良いと思います笑 今回のお話をまとめると以下になります。 質問や意見などありましたらコメントなどください。 いつも読んでくださってありがとうございます!.

次の

トントンは身長が高い?顔はかわいい系との噂は本当?

人生 トントン 説

引用:上原多香子オフィシャルブログより ( 画像をクリックすると拡大されます) この時、既に男女の関係になっていたとは思えないが、 トントンという愛称で呼んでいるというのは、 交際の兆しがあったということだろう。 阿部力は上原多香子のことを 『 たかちゃん』と呼び、 上原多香子は阿部力のことを 『 トントン』と呼んでいたという。 それは女性セブンが報じた 上原多香子と阿部力のLINEの内容から判明している。 そして、それを見たTENNが 自殺を決意した理由になった可能性が大であり、 それはむしろ間違いないと言えるだろう。 上原多香子と阿部力のLINEの内容がヤバすぎる! TENNの立場になって 読み進めていくと、非常にえげつない内容である。 以下は女性セブンが報じた上原多香子と阿部力のLINEのやり取りの一部である。 上原多香子『オトナになっても、こんなに好き好き好きって、なるんだなぁって。 ちょっとびっくりしてる。 自分に。 いろいろ冷静な部分もあるけど、止められなくなるくらい想えるって素敵なことだね。 トントンに出会えて、本当によかった。 』 阿部力『俺もおもった。 とし関係ないなーって。 』 上原多香子『トントンに会いたいよ。 旦那さん、大事だけどそれ飛び越えてる。 』 阿部力『たかちゃん~』 上原多香子『トントン』 上原多香子『会いたいよ。 』 阿部力『とても』 上原多香子『そばにいてね。 』 上原多香子『私、、結婚ってとっても大きなことで人生の分岐点だったこともあるー だから離婚するとか浮気は、もうあり得ないって思ってたのね でもさー、トントンに伝えられなかった好きと、やっぱり大好きと、私の一方的やけど肌を合わせて感じるフィット感が今までとは全く違うの。 』 ここまででも充分にTENNの 立場になって見てみると、きついものがあるが、更に続く。 上原多香子と阿部力のLINEの画像が無いのは・・・ 2人のLINEの内容のやり取りを続けて見てみよう。 上原多香子『私はそんなに器用じゃなくて、旦那さんとの生活を続けながら、トントンを想い続けること、トントンに想いがすべて行ってる中、騙し騙し旦那さんと居ることがやっぱり出来ないです。 』 女性セブンの内容ではここで中略が入る。 上原多香子『今すぐにでも、すべて捨ててトントンの元へ行きたいです。 だけど、私ももう大人、、いろんな問題があるし、私だけの想いでトントンに迷惑はかけられません。 今すぐは難しいかもしれないけど、私も少し大人になって、ちょっとずつ、旦那さんと別の道を歩めるようにします。 こんな気持ちでは絶対に旦那さんに戻れない。 』 上原多香子に愛情があればあるほど、 TENNの気持ちは逆行して絶望に打ちひしがれていくのは明白だ。 そして、極めつけのLINEのやり取りは非情だ。 阿部力『子供欲しい』 上原多香子『2人の子供作ろうね』 上原多香子『私とトントンの子はどんな子かなー。 』 上原多香子『早く会いたいね』 阿部力『子供ほしいわーーー』 上原多香子『トントンのタイミングで作ろうね』 上原多香子『子供が出来るのはタイミングだよー』 阿部力『たーありがとうね。 子供作るのにも、もっとタイミングがあると思って。 もう大人だからさー、勢いで物事考えたくないんだ。 ちゃんと計画して進めて行きたいなーと思って。 』 上原多香子『うん そうしよ』 以上が女性セブンが暴露した 上原多香子と阿部力のLINE内容である。 これはTENNの弟である森脇義宏氏が 女性セブンの記者に見せたTENNが 上原多香子のスマホを見た時に撮影した画像からの内容と思われる。 その画像は誌面上では掲載されてはいなかった。 それは何故なのか? おそらくあまりにも長いLINEの内容だったために、 画像を誌面上に掲載することが出来なかったのではないだろうかと感じる。 そして、このLINEの内容をTENNは読んで、 一か月も経たないうちに自殺してしまったのだ。 に詳しく書いてあるが、 TENNは自分に子供が作れないことを 上原多香子に申し訳なく思っていたのだ。 同じ男として、彼の立場になって読んでみると、 とてもではないが辛すぎて涙が出てくる心情に駆られる。 プライドはズタズタに切り裂かれて、 本当にこの世から消えてなくなりたい心境に駆られる。 上原多香子との関係を阿部力はTENNの母親に・・・ 女性セブンでは、こんな内容も掲載している。 2017年5月にTENNの母親である 和子さん(仮名)が阿部力に電話をしたという。 その時に 阿部力が号泣して、謝罪したということが明らかになっているのだ。 女性セブンのTENNの母親に泣いて謝罪したという報道の詳しい詳細を補足するものとして、阿部の知人はこう語っているという。 TENNさんの自殺後、すぐに 上原と阿部は 関係を解消した。 阿部の知人は 「自殺に大きなショックを受け、今でも芝居以外で阿部さんの笑顔を見ることはほとんどない」と話す。 引用:スポニチアネックスより 自分たちのやっていた行為が、一人の男性を死に追いやってしまったという結果を出して、そのまま不倫関係を継続させる程の愛情は無かったのだろう。 これはあくまで個人的な意見であるが、 もしも、それでも尚、関係が続いていたのならば、 2人の仲は本物であった。 が、すぐに分かれていることから、 所詮はその時期に燃え上がっただけの 火遊び程度のお粗末な関係であったということ。 そんなお粗末な関係の2人に失意を感じて、 命を断ったTENNはいよいよ何の為に 死んだのかということになるのだが・・・。 誰がどう見ても、上原多香子と阿部力の不倫関係・・・ そしてLINEの内容がTENNを自殺に追い込んでしまったと思うだろう。 更に気になるが、子供が欲しいという阿部力であるが、 自分の嫁・史可については一切、触れていない。 2014年時点で阿部力は、 嫁の史可とは離婚済みだったのだろうか? しかし、女性セブンはあくまで2人のLINEの やり取りの一部を掲載しているに過ぎない。 もしかしたら、他にも何か とんでもないやり取りが隠されている気がするのだが・・・。

次の

エリクソン,E.Hのライフサイクル理論とは!人生の8つの発達課題

人生 トントン 説

引用:上原多香子オフィシャルブログより ( 画像をクリックすると拡大されます) この時、既に男女の関係になっていたとは思えないが、 トントンという愛称で呼んでいるというのは、 交際の兆しがあったということだろう。 阿部力は上原多香子のことを 『 たかちゃん』と呼び、 上原多香子は阿部力のことを 『 トントン』と呼んでいたという。 それは女性セブンが報じた 上原多香子と阿部力のLINEの内容から判明している。 そして、それを見たTENNが 自殺を決意した理由になった可能性が大であり、 それはむしろ間違いないと言えるだろう。 上原多香子と阿部力のLINEの内容がヤバすぎる! TENNの立場になって 読み進めていくと、非常にえげつない内容である。 以下は女性セブンが報じた上原多香子と阿部力のLINEのやり取りの一部である。 上原多香子『オトナになっても、こんなに好き好き好きって、なるんだなぁって。 ちょっとびっくりしてる。 自分に。 いろいろ冷静な部分もあるけど、止められなくなるくらい想えるって素敵なことだね。 トントンに出会えて、本当によかった。 』 阿部力『俺もおもった。 とし関係ないなーって。 』 上原多香子『トントンに会いたいよ。 旦那さん、大事だけどそれ飛び越えてる。 』 阿部力『たかちゃん~』 上原多香子『トントン』 上原多香子『会いたいよ。 』 阿部力『とても』 上原多香子『そばにいてね。 』 上原多香子『私、、結婚ってとっても大きなことで人生の分岐点だったこともあるー だから離婚するとか浮気は、もうあり得ないって思ってたのね でもさー、トントンに伝えられなかった好きと、やっぱり大好きと、私の一方的やけど肌を合わせて感じるフィット感が今までとは全く違うの。 』 ここまででも充分にTENNの 立場になって見てみると、きついものがあるが、更に続く。 上原多香子と阿部力のLINEの画像が無いのは・・・ 2人のLINEの内容のやり取りを続けて見てみよう。 上原多香子『私はそんなに器用じゃなくて、旦那さんとの生活を続けながら、トントンを想い続けること、トントンに想いがすべて行ってる中、騙し騙し旦那さんと居ることがやっぱり出来ないです。 』 女性セブンの内容ではここで中略が入る。 上原多香子『今すぐにでも、すべて捨ててトントンの元へ行きたいです。 だけど、私ももう大人、、いろんな問題があるし、私だけの想いでトントンに迷惑はかけられません。 今すぐは難しいかもしれないけど、私も少し大人になって、ちょっとずつ、旦那さんと別の道を歩めるようにします。 こんな気持ちでは絶対に旦那さんに戻れない。 』 上原多香子に愛情があればあるほど、 TENNの気持ちは逆行して絶望に打ちひしがれていくのは明白だ。 そして、極めつけのLINEのやり取りは非情だ。 阿部力『子供欲しい』 上原多香子『2人の子供作ろうね』 上原多香子『私とトントンの子はどんな子かなー。 』 上原多香子『早く会いたいね』 阿部力『子供ほしいわーーー』 上原多香子『トントンのタイミングで作ろうね』 上原多香子『子供が出来るのはタイミングだよー』 阿部力『たーありがとうね。 子供作るのにも、もっとタイミングがあると思って。 もう大人だからさー、勢いで物事考えたくないんだ。 ちゃんと計画して進めて行きたいなーと思って。 』 上原多香子『うん そうしよ』 以上が女性セブンが暴露した 上原多香子と阿部力のLINE内容である。 これはTENNの弟である森脇義宏氏が 女性セブンの記者に見せたTENNが 上原多香子のスマホを見た時に撮影した画像からの内容と思われる。 その画像は誌面上では掲載されてはいなかった。 それは何故なのか? おそらくあまりにも長いLINEの内容だったために、 画像を誌面上に掲載することが出来なかったのではないだろうかと感じる。 そして、このLINEの内容をTENNは読んで、 一か月も経たないうちに自殺してしまったのだ。 に詳しく書いてあるが、 TENNは自分に子供が作れないことを 上原多香子に申し訳なく思っていたのだ。 同じ男として、彼の立場になって読んでみると、 とてもではないが辛すぎて涙が出てくる心情に駆られる。 プライドはズタズタに切り裂かれて、 本当にこの世から消えてなくなりたい心境に駆られる。 上原多香子との関係を阿部力はTENNの母親に・・・ 女性セブンでは、こんな内容も掲載している。 2017年5月にTENNの母親である 和子さん(仮名)が阿部力に電話をしたという。 その時に 阿部力が号泣して、謝罪したということが明らかになっているのだ。 女性セブンのTENNの母親に泣いて謝罪したという報道の詳しい詳細を補足するものとして、阿部の知人はこう語っているという。 TENNさんの自殺後、すぐに 上原と阿部は 関係を解消した。 阿部の知人は 「自殺に大きなショックを受け、今でも芝居以外で阿部さんの笑顔を見ることはほとんどない」と話す。 引用:スポニチアネックスより 自分たちのやっていた行為が、一人の男性を死に追いやってしまったという結果を出して、そのまま不倫関係を継続させる程の愛情は無かったのだろう。 これはあくまで個人的な意見であるが、 もしも、それでも尚、関係が続いていたのならば、 2人の仲は本物であった。 が、すぐに分かれていることから、 所詮はその時期に燃え上がっただけの 火遊び程度のお粗末な関係であったということ。 そんなお粗末な関係の2人に失意を感じて、 命を断ったTENNはいよいよ何の為に 死んだのかということになるのだが・・・。 誰がどう見ても、上原多香子と阿部力の不倫関係・・・ そしてLINEの内容がTENNを自殺に追い込んでしまったと思うだろう。 更に気になるが、子供が欲しいという阿部力であるが、 自分の嫁・史可については一切、触れていない。 2014年時点で阿部力は、 嫁の史可とは離婚済みだったのだろうか? しかし、女性セブンはあくまで2人のLINEの やり取りの一部を掲載しているに過ぎない。 もしかしたら、他にも何か とんでもないやり取りが隠されている気がするのだが・・・。

次の