死海 文書。 死海文書ってなに?簡単に分かりやすくその内容を解説

死海古卷

死海 文書

[画像のクリックで拡大表示] 20世紀最大の考古学的発見とも言われる「死海文書」。 先ごろ、それらと関連の深い第12の洞窟が発見された。 盗掘を防ぎ、文書の偽造を見抜くための新たなヒントが得られるかもしれない。 先日、イスラエルの発掘チームにより、死海文書の洞窟の発見と、その発掘調査の成果が発表された(死海文書の洞窟の発見は1956年以来)。 洞窟からは数多くの保管用の壺が見つかったが、それらはすべて壊され、中身は持ち去られていた。 これらの壺は、もともと洞窟の壁に掘られた隠し穴に収められていたようだ。 (参考記事: ) それでも現場にはいくつかの遺物が残っていた。 巻物を縛る革ひも、巻物を包む布、1950年代のさびたつるはし2本などだ。 こうした手がかりから、この洞窟ではかつていくつもの巻物が土器の壺に保管されていたが、何十年も前に盗掘者に持ち去られたということがわかる。 (参考記事: ) 「ここで発見された手がかりは、この洞窟にかつて巻物が存在し、それが盗まれたことを明確に示しています」。 イスラエルのヘブライ大学の考古学者で、今回の発掘調査を統括したオレン・ガットフェルド氏はそう語る。 増える盗掘 洞窟ではこの他、何も書かれていない羊皮紙片も発見されている。 同プロジェクトに協力した米リバティ大学のランデル・プライス氏によると、近年、古代の羊皮紙は人気が上昇しており、市場で高い値が付くようになっているという。 こうした品を流すのは、大半は盗掘者で、近年では特に死海周辺の洞窟が狙われている。 (参考記事: ).

次の

死海文書「第12の洞窟」を発見、50年ぶり

死海 文書

1947年以後,北西部沿岸の荒野のや古代の廃虚で発見された羊皮紙やのの。 そのうち 1 地域の 11の洞穴で発見された前3世紀なかばから 68年までので,『イザヤ書』や『詩篇』をはじめとする旧約,『』や『』などの典外書,『注解』などの注解書,に属すると思われるに関する貴重なを含む, 2 ユダヤ人のローマへの 132~135 を指導したバル・コフバに関する資料や正典の写本などのムラッバアト洞穴の写本, 3 1世紀の小預言書のギリシア語訳のや断片その他を含むナハル・ヘベルの洞穴の写本, 4 前 75年頃のへブライ語による『ベン・シラの知恵』『詩篇』や『レビ記』『創世記』などの断片を有するの写本などが著名。 いずれも古代ユダヤおよび初期キリスト教の研究にとって重要な資料である。 なお写本の整理や分類は継続中である。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 イスラエルの死海北西岸にある どうくつ 群に隠されていた古文書の巻物。 同所の孤立した台地上にある古代遺跡キルベト・クムランの住人たち(ユダヤ教の一分派エッセネ派の宗団と思われる)が製作したものなので、クムラン文書ともよばれる。 1947年に7巻の羊皮紙巻物が洞窟内から発見されたのが最初で、その後の捜査でも銅板巻物を含む多くの文書が出土し、主要なものはエルサレムのイスラエル博物館の「聖書館」に収蔵展示されている。 これらの巻物は元来、蓋 ふた 付き円筒形土器に収められ、羊皮紙やパピルスの場合はインクで書かれ、銅板には字が彫り付けられた。 言語はヘブライ語楷書 かいしょ が主で、ほかにアラム語も用いられている。 年代は紀元前2世紀から前40年にわたるが、そこには「エステル記」を除く『旧約聖書』の最古の写本がみられる。 また、クムラン教団の戒律、思想、聖書解釈を記した巻もある。 [小川英雄] 『M・ブラック著、新見宏訳『死海写本とキリスト教の起源』(1966・山本書店)』.

次の

死海古卷

死海 文書

1947年、『死海文書』が壺の中から発見される 発見場所は、イスラエルの死海の北西部のクムラン洞窟• その後の発掘で、その周辺からもかなりの数の古文書が見つかる 2017年には12個目の洞窟が発掘される• 調査の結果、おそらくそれらは紀元前3~2世紀頃、今から2200~2300年前にあった書物を新たに書き写した文書と判明。 死海文書は、ヤギ皮や牛皮、羊の皮、植物の茎皮、銅板などに書かれていた 紀元前3世紀といえば、日本でいうと弥生時代ですね。 その時代にあった歴史書を、誰かが新しく書き写し残した書物、それが「死海文書」 画像引用元:Wikipedia「死海文書」 当時は現代のような保管技術はなかったので、古くなった歴史書などは、新しく書き写すことで後世に残していってたんですね。 その為、死海文書は、「死海写本」ともいわれています。 結局、死海文書って何が書かれているの? 死海文書には、主にこんなことが記されていました。 死海文書は、 今まで伝えられてきた過去の歴史そのものを、大きく揺るがすような新事実などが記されている、現代考古学上、最も重要な写本だった• 発見された文書の半数近くは、 最古級の聖書(キリスト教やユダヤ教などの起源や歴史的背景)など宗教にまつわる写本だった• まぁ、死海文書の場合、その 戦国時代よりも1900年も前の話ですけどね。 改めて考えると、すごい大昔なんですよね。 なんで死海文書はこんなに注目されているの? 死海文書が注目されている理由は主にこの2つです。 誰が、何の目的で、当時の書物を書き写したのかすら、未だに解明できていない。 しかも、 なぜそれらをわざわざ人目の付かない、洞窟の壺に隠す必要があったのかもよく分かっていない• 死海文書には、 キリスト教とユダヤ教との新たな関係性や宗教の起源などが記されていて、それらの真偽に世界中で論争を呼んでいる イスラエルといえば、世界三大宗教の中のキリスト教とイスラム教の聖地、エルサレムがあり、ユダヤ教は、その二つの宗教の起源とも言われています。 海外での宗教に対する信仰心は、日本のそれとはまるっきり違いますので、必然的に宗教の起源についての関心度も増すわけですね。 個人的には、隠された財宝の方にロマンを感じてしまいますが・・・(笑) まぁなにんしても、死海文書は謎が多い古文書であることは間違いないです。 死海文書が未だに解明されていない理由 発見されてからもうすでに70年以上経っていながら、未だ解明されていない死海文書。 なぜそんな長い間解明されないでいるのか、それがこちらです。 死海文書の保存状態が良くなく、 25,000個もの古びた断片を、ジグソーパズルのように組み合わせて解析している為• 死海文書に書かれている「ヘブライ語」「アラム語」「 ナバテア語」などの文字は、 現代では使用されていない文字で、解読にかなりの時間がかかっている• 発掘された周辺の中東地域は、今も紛争中で、 死海文書に書かれた内容次第では、土地の主張や政治にも大きく関係してくる為、非常に扱いが難しい 死海文書まとめ さて、今回は「死海文書」をすんごく簡単にまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。 最近では死海文書は、都市伝説などでも話題となることも多いですよね。 歴史が塗り替わる程の古文書の発見ということもあり、しかもその背景には、宗教や政治的なことが絡むとなると、やはり陰謀説や終末論などが出てきますよね。

次の