想いをはぐくむ大樹の学資。 学資保険は結局円建てとドル建てどっちがお得?FPが円建てドル建てを徹底比較

大樹生命、無配当外貨建学資保険 「想いをはぐくむ大樹の学資」の販売開始

想いをはぐくむ大樹の学資

学資保険の返戻率は、2016年に導入されたマイナス金利の影響で下がりました。 そんな中で、ドル建て保険で教育費を積み立てている人も増えています。 ドル建て保険は円建て保険よりもお金の増加が期待できるため、高額な教育費を積み立てていくのに利用したい方法の1つでもあります。 ただし、為替レートの影響で大きく損をする可能性も十分にあり、目標金額を貯めていけないことも考えられます。 損失を最小限に抑えるためにも、為替手数料の安い商品を選ぶなど工夫しなければなりません。 そのためには、商品の仕組みをよく理解して何社か比較検討する必要もあります。 今回は、教育費の積み立て方、円建てとドル建ての比較、そしておすすめ商品を中心に解説していきます。 ぜひ参考にしてみてください! こどもの学資保険は円建てがいい?ドル建てがいい? 子どもの教育費を貯めていくのに有効な方法の1つに学資保険があります。 子どもを妊娠したら、「学資保険に加入しなきゃ!」と考えるお父さん、お母さんは多いと思います。 一方で、「今の学資保険で本当に十分な教育費を貯めていけるのかな?」と心配する人もいると思います。 まずは現在の学資保険を取り巻く状況から、円建て保険とドル建て保険の比較を解説していきます。 現在の学資保険を取り巻く状況 現在の学資保険を取り巻く状況は、厳しいと言ってもいいかもしれません。 ソニー生命の調査では、2018年大学に進学させたい高校生以下の子どもを持つ親の46. 2019年では50. つまり、およそ半数が利用して教育費を貯めているということです。 しかし、近年の「返戻率の低下」により、「本当に大丈夫?」「もっと良い方法があるのではないか?」という声が上がっているのも事実です。 返戻率が下がった理由は、2016年から日銀が導入した「マイナス金利」の影響です。 マイナス金利によって保険会社は予定通りに運用することが困難になり、保険料の値上げに踏み切りました。 その結果、返戻率も下がりました。 ほんの3、4年で大きく状況は変わったのです。 実際に私の友人は、2年前に1人目の子どもの学資保険に加入しましたが、すぐに解約し、ドル建て保険で新たに貯蓄を始めました。 銀行を中心にドル建ての販売が広がっています。 増えている1番の理由は、「円建てよりも高い貯蓄性が見込めること」だと考えられます。 つまり、日本円よりも高金利で運用されるということです。 さらに、各社で外貨建て商品が新たに発売されています。 2019年5月13日からは、国内初となる外貨建て学資保険「想いをはぐくむ大樹の学資」の取り扱いが、三井住友銀行で始まりました。 学資保険の特徴である契約者の万一の保障もしっかり備わっています。 さらに、第一生命グループの第一フロンティア生命では、「つみたて終身・フロンティア(外貨建)」の取り扱いを今年の7月1日から始めます。 この商品は、若中年者の「長期・積立・分散投資」を支える保険とされていますが、業界初の「保険料をドルに換算する時のレートが円安に対して最低保証される」という特約も付加できることになっています。 このように、学資保険の返戻率の低下がドル建てという高い貯蓄性の見込める商品への加入の増加をもたらしているのです。 まず、学資保険は加入時から一定額の保険料を一定期間払い込んでいき、高校入学時や大学入学時になったら数回に分けて(または一括で)受け取るという保険です。 契約者は通常お父さんかお母さんになりますが、その契約者が万一死亡・高度障害になった場合は、以後の保険料の払い込みはなくなりつつも、保障は継続します。 この保障(特約)がない商品・プランもありますが、ほとんどの商品でついています。 さらに、出産前から加入できる商品がほとんどです。 医療特約を付加できるものもあります。 「ドル建てとの違い」という観点からみると、「円建て」学資保険なので、保険料の払い込み、保険金・解約返戻金の受け取りは全て日本円で行われます。 ドル建て保険の特徴 次に、ドル建て保険の特徴についてです。 ドル建て保険には「終身保険」「養老保険」「個人年金保険」などの種類がありますが、どれも基本は、保険料の払い込み、保険金・解約返戻金の受け取りは全てドルで行います。 次のメリット・デメリットでも触れますが、日本円よりも高金利で運用されるため、より多くのお金を増やすことができますし、為替レートのタイミングが良ければ為替差益を得ることができます。 その一方で、レートのタイミングが悪ければ、為替差損を被ることになります。 円建て保険とドル建て保険のメリット・デメリットを比較 次に、円建て保険、ドル建て保険全般のメリットとデメリットについて、解説していきます。 円建て保険についてみていくと、ドル建てよりもお金の増加には期待できませんが、銀行に預けておくよりかはお金は増えます。 銀行の普通預金の金利は0. ソニー銀行のサイトで定期預金の計算をしてみると、2,000,000円を10年定期で預けても1,593円しか増えません。 このようにみてみると、銀行に預けるよりはお金は増えていくことが分かります。 さらに、円建て保険の大きなメリットとしては他に、「あらかじめ払い込む保険料の金額と受け取る保険金額が決まっている」ことがあります。 「これは普通のことでは?」と思うかもしれませんが、ドル建てと比べた場合にこういったメリットがあります。 次に、ドル建て保険についてみていくと、高金利で運用される点が非常に魅力的です。 例えば、アメリカの10年国債の利回りを見ていくと、2019年6月27日現在で2. さらに、為替差益が期待できます。 これは、保険料を払い込んだ時のレートよりも保険金を受け取るときのレートが円安であった場合に得られる利益です。 例えば、保険料100,000円を一括で支払った場合でシミュレーションしてみます。 1ドル=100円のときに払い込んだ場合、1,000ドルになります。 運用した結果プラス200ドルになるとすると、保険金額は1,200ドルになります。 これを1ドル=110円のときに換金して受け取ると、132,000円となり、「32,000円」増えたことになります。 これが為替差益です。 逆にデメリットにもあるように、円高になれば為替差損を被ることになります。 同じ例でいくと、保険金額1,200ドルを1ドル=80円のときに換金して受け取ると、96,000円になり、「4,000円」減ったことになります。 さらに、このように為替レートに左右されるため、保険料と保険金額は加入した時には確定しません。 収支の管理がしにくいとも言えます。 加えて、先ほどの例では考慮しませんでしたが、為替手数料や諸費用もかかります。 諸費用というのは商品によって異なりますが、契約締結時にかかるものや特約を付加したことでかかってくるものもあります。 フコク生命の「みらいのつばさ」ジャンプ型(18歳、22歳のときにそれぞれ1,000,000円を受け取る)と明治安田生命の「つみたてドル建終身」の2つを比較してみます。 ・共通の条件 「契約者25歳男性(「みらいのつばさ」の子どもは0歳)」 保険料払込期間は、「みらいのつばさ」が14歳まで、「つみたてドル建終身」が15年間とし、保険料は「みらいのつばさ」が11,452円、「つみたてドル建終身」は10,000円として、なるべく条件をそろえて比較します。 なお、ドル建ての保険料は為替レートにより毎月変動します。 2019年6月28日現在の1ドル=108. 29円が15年間続くと仮定します。 <フコク生命「みらいのつばさ」> ・毎月11,452円を14歳まで払い込んでいく(合計1,923,936円) ・18歳のときに1,000,000円、22歳のときに1,000,000円、合計2,000,000円を受け取る。 <明治安田生命「つみたてドル建終身」> ・毎月10,000円を15年間払い込んでいく(合計1,800,000円)。 ・1ドル=108. 29円が続くと仮定すると、ドルでは合計16,622ドルとなる。 ・予定利率は2. [15年後に解約すると] ・解約返戻金 17,998ドル ・返戻率 108. 29円のとき 1,571,054円、87. ・1ドル=95円のとき 1,709,810円、94. ・1ドル=115円のとき 2,069,770円、114. ・1ドル=127. 29円のとき 2,290,978円、127. [16年後、21年後に解約すると] 年数 返戻金 返戻率 円で受け取る場合 16年後 18,262ドル 109. 1ドル=115円のとき 2,100,130円、116. 21年後 19,644ドル 118. 1ドル=115円のとき 2,259,060円、125. 学資保険の場合、返戻率は103. 一方で、ドル建ての場合、15年後に解約すると1ドル=95円のとき94. 大学に入学する数年前の、契約から16年後に解約すると、1ドル=95円のとき96. 115円の場合、学資保険の103. ドル建ての場合、デメリットでも解説したように、円高になってしまうと、経過年数によっては元本割れすることがあります。 各家庭によって、選び方(加入目的で決めるか、保険料で決めるか等)は異なります。 保険の返戻率を理解する まず保険の返戻率について理解を深めましょう。 返戻率は学資保険に限らず保険を契約する上で、あらゆる場面で出てくるものですので、覚えておきましょう。 保険加入の目的を明確にする 加入の目的を重視して選ぶことについて、説明していきます。 ここでは、加入の目的を「貯蓄を重視するケース」と「保障を重視するケース」の2つに分けてみます。 貯蓄を重視するとは、「より多くのお金が貯まることを第一とすること」です。 保障を重視するとは、「医療特約が付加できることなど保障の充実を第一とすること」です。 どちらを重視するかで加入するべき保険は変わっていきます。 「貯蓄」を重視するケース 貯蓄を重視する場合、より返戻率の高いもの、高い返戻率を見込めるものを選びましょう。 円建て学資保険の商品の中から選ぶ際には、子どもの医療特約が最初から付いていないもの、特約は付けられるけど付加しないことも選択できるものを選びましょう。 そういった特約の付いていないものは、より高い返戻率、貯蓄性を期待できます。 ドル建てを選ぶ際には、積立利率の高い状態で保証されるもの、利率変動型のものを選びましょう。 運用に期待でき、貯蓄性、返戻率が上がります。 「保障」を重視するケース 保障を重視する場合、医療特約が付加できたり、育英年金を受け取れるなど保障が充実している商品を選びましょう。 どのような特約を付加するかで、保障の充実度は変わります。 学資保険の場合、例えば、入院給付金を受け取れるものでもどのくらい受け取れるかによって、保障の充実度も異なってきます。 さらに、育英年金は、契約者が死亡または高度障害になった場合に、満期になるまで年金を受け取れるものですが、この特約を付加することで、万一のときでも安心できます。 ドル建て保険については、三大疾病になったときに保険料の払い込みが免除されるものや保険金が受け取れるものを選ぶと良いでしょう。 シンプルなドル建て保険よりも様々な特約を付加できる商品がおすすめです。 ただ、このように「保障」を重視する場合には注意点があります。 それは、他の保険と保障が重複することです。 無駄な保険料を払ってしまうことにもなるので、今一度加入している保険を確認するようにしましょう。 毎月の保険料から保険を選ぶ 次に、保険料を重視して選ぶことについて解説していきます。 保険料は毎月毎月払っていくものなので、あまり家計の負担にならないように設定することが重要です。 払えなくなり途中で解約すると、元本割れの可能性が大いにあります。 大学費用の中で一番お金がかかるのが「大学入学時」です。 大学入学時にかかる費用(受験料、初年度納付金)は、およそ1,000,000円~1,500,000円以上です。 なので、この時期に重点を置いて払い込んでいくとして保険金を2,000,000円で設定すると、毎月の保険料は15,000円程度になります(払込期間は10年間)。 大学まで進学させたいと考えている人は、毎月15,000円程度は教育費として充てていけられると良いでしょう。 厚生労働省の調査によると、29歳以下の世帯主のいる1世帯あたりの所得の平均は3,500,000円となっています。 毎月15,000円を1年間払い込んでいくと、180,000円になります。 学資保険以外でも教育費を準備していくとなると、割合は高くなります。 この割合をより低くするためには、より保険料の安い商品・プランを選ぶようにしましょう。 以下、保険料の安い学資保険を挙げています。 契約者は男性25歳、子どもは0歳、保険金額2,000,000円、10歳まで払い込むという条件で、2商品ご紹介します。 ・ソニー生命「学資金準備スクエア」 月15,532円、約107. 学資保険は加入する年齢が若ければ若いほど、保険料は下がり返戻率は上がります。 先ほど、貯蓄性か保障性を重視するかということを解説しましたが、貯蓄性を重視する人はなおさら早めに加入した方が良いです。 保障性を重視する人も、特約を付加する等しつつも、できるだけ早い年齢で加入して返戻率もアップさせたいところです。 出産予定日の140日前から加入できる商品がほとんどですので、出産前の加入もぜひ検討してみましょう。 返戻率に惑わされないようにしましょう。 実際に見てほしいのは、「どれだけお金がプラスになるか」です。 例えば、保険金額が2,000,000円で保険料が1,862,400円(月15,520円を10年間払い込む)だとすると、返戻率は107. 107. 「107. 「他の保険でも貯めていこうかな」「もうちょっと検討してみよう」「130,000円も増えるのは大きい!」などと計算することによって分かること、気づくことが沢山出てきます。 なので、ぜひ学資保険を選ぶ際には、「率」だけに注目しないで、「実際に増えた金額」を計算してみましょう。 ドル建て保険を賢く選ぶポイント2つ 次に、ドル建て保険を賢く選ぶポイントを2つご紹介します。 ドル建てに関しては、損失を最小限に抑えることが重要になってきます。 加入後保険料を払い込むときと受け取る時に為替レートの影響を受けることは仕方ないとして、加入前、選んでいる段階で賢く、なるべく損をしないような商品選びをしたいものです。 01円のところもあれば、0. 5円のところもあります。 例えば、保険金30,000ドルを受け取るとき、0,01円で300円、0. 5円で15,000円となります。 大きな差ですよね。 クレジットカード払いができる会社は限られていますが、クレジットカードで保険料を払い込んでいくことで、ポイントが貯まっていくのでお得感を得られます。 ただし、商品によっては、各カード会社の専用の高いレートが適用されることもあるので、注意しましょう。 学資保険の返戻率をアップさせる方法 次に、返戻率をアップさせる方法をご紹介します。 特に貯蓄性を重視したい人は参考にしてみてください。 以下の4つになります。 各商品払込期間の種類がいくつかあります。 より短いものを選ぶようにしましょう。 さらに、お金に余裕のある人は、一括払いも検討してみましょう。 加入を先延ばしにすると契約年齢が上がり、返戻率も下がってしまいます。 医療特約が付加されていたり、育英年金を受け取れる商品は避けて、保障のシンプルなものを選びましょう。 保険金額を大きくすることで返戻率が下がる商品もあります。 保険金額を上げることはなかなか難しいかもしれませんが、余裕があれば検討してみてください。 保険を利用して上手に教育費を積み立てる方法 教育費はいくつかの保険を併用して貯めていくのも1つの方法です。 高校入学までに貯めるのにはA保険、大学資金はB保険で貯めていくのもアリです。 ドル建て保険で積み立てていきたいけど、リスクが怖い・解約のタイミングを計るのが難しそうと心配になる人もいると思います。 ドル建て保険は良くも悪くも為替レートの影響を受けるため、解約のタイミングを計るのが難しい商品でもあります。 その場合は、他の円建て保険を併用し、リスクを分散させても良いでしょう。 保険以外で教育費を積み立てる様々な方法 保険以外で積み立てる方法もあります。 事実、銀行預金で貯める人も多いですし、割合は少ないですが財形貯蓄や教育ローン、投資などで準備している人もいます。 保険以外で積み立てていくにしても、その方法の仕組み・メリット・デメリットをしっかり理解した上で利用しなければなりません。 例えば、銀行の定期預金にしても確実貯めていけますが、学資保険よりは貯蓄性は期待できません。 財形貯蓄は会社の給与から天引きされる形で貯蓄していくものですが、そもそもこの制度を導入している会社は少ないのがデメリットになります。 まずは学資保険を先ほどの貯蓄型・保障型に分けて、5つご紹介します。 以下、いくつかの契約例を挙げてみます。 さらに、ソニー生命よりもよりシンプルで受け取る時期は大学時の4回の1種類のみで、払込期間は10歳まで・15歳までの2種類のみとなっています。 以下、いくつかの契約例を挙げてみます。 保険金額2,000,000円、10歳払い込み 契約者の年齢・性別 子どもの年齢 保険料 返戻率 25歳・男性 0歳 15,899円 104. 入院も日額1,500円から付けられ、その他入院初期保険金として日額の5倍の保険金を受け取れます。 「こども応援団」はA型の1プランのみとなっており、契約者が万一のときの払込免除の範囲が広いのが特徴です。 「がん・急性心筋梗塞・脳卒中・要介護状態・身体障害状態・死亡」となっています。 通常の学資保険の「死亡・高度障害」だけでは不安という人は、検討してみるのもありです。 保険料払込免除の範囲には、「所定の働けない状態」も含まれます。 さらに、育英年金特約や医療特約も用意できます。 ただし、こういった保障を充実させることで、返戻率はかなり下がるので、その点注意しましょう。 こちらについては、貯蓄と保障の両方を備えている商品を1つご紹介します。 なおかつ、利率変動型なので、運用が上手くいけば利率は上がります。 ここ3年間の積立利率の推移を見てみると、1番高かったのが3. もっとさかのぼると4. さらに、「低解約返戻金プラン」もあるので、保険料を抑え返戻率をより上げることができます。 保障の面からみると、三大疾病・介護給付終身保険特約を付加することができ、所定の条件を満たした場合には保険金が受け取れます。 死亡・高度障害に加え、がんと診断確定された場合、心疾患・脳血管疾患または要介護状態によって所定の条件に該当した場合に、保険金が受け取れます。 ドル建て保険だけで教育費を積み立てていくのは、リスクがあると感じます。 為替レートは、世界各国の情勢によっては大きく変動する可能性もあります。 教育費は、いくつかの方法で積み立てていくのが良いと思います。 どの方法で積み貯めていくかは、各家庭によって異なります。 将来子どもが大きくなったときにお金の心配をかけさせないためにも、有効な積立方法を見つけていきましょう!.

次の

学資保険は円建てが安心?FP監修!ドル建てとの違いとメリット・デメリット

想いをはぐくむ大樹の学資

三井生命 ドリームクルーズは豪ドル建ての保険のため為替リスクがあるが、月払い・豪ドルという条件で他社と比較して各種の数字が優秀なのは間違いない!?各社の外貨建て終身保険(予定利率変動型・積立利率変動型)を、死亡保険金が保険料に対して何%増で受け取れるかを示す死亡 三井生命は今まで外貨建終身保険「ドリームクルーズ」を販売しています!!生きるための保障と割安な保険料を選択できる「ワイド」が追加されました!! ドリームクルーズ 「ドリームクルーズ」は、以下の特長を持つ保険です。 三井グループの生命保険会社である三井生命ですが、雑誌やcmで目にする機会はそれほど多くないかもしれません。 では、加入者からの評判はどうなのでしょうか?今回は三井生命に対する満足度や口コミについて解説しながら会社についての紹介をします。 外貨建での一生涯の保障をご希望の方に、大樹生命の「ドリームクルーズワイド」 三井生命の「ドリームクルーズワイド」は米ドル1. 5%、豪ドル2. 0%の運用が最低保証されています。 そのため市場の金利がどんなに下がっても最低保証の利率より下がることがなく、安心して外貨積立できます。 【メリット】 要介護2でも保険料払込免除 三井生命保険の評判「保険料が安くなった、保険の見直しをして良かった」等の加入者の口コミを掲載して比較。 業界人のリアルな目線で三井生命保険のメリット・デメリットを掲載中。 生命保険の選びに迷ったら是非参考にしてみてください。 他社と比較して豪ドルコースなら検討の余地ありか!?各社の外貨建て終身保険(予定利率変動型・積立利率変動型)を、選択できる外貨・通貨ごとの予定利率と最低保障の利率に 三井生命は今まで外貨建終身保険「ドリームクルーズ」を販売しています!!生きるための保障と割安な保険料を選択できる「ワイド」が追加されました!! ドリームクルーズ 「ドリームクルーズ」は、以下の特長を持つ保険です。 色々な方がもう記事にされているので今更感はありますが、もし私と同じ年代で加入を考えている方の参考になればと思い見積もりを記事にします。 三井生命ドリームクルーズ 三井生命の「ドリームクルーズワイド」は米ドル1. 5%、豪ドル2. 0%の運用が最低保証されています。 そのため市場の金利がどんなに下がっても最低保証の利率より下がることがなく、安心して外貨積立できます。 【メリット】 要介護2でも保険料払込免除 「ドリームクルーズ」ってどんな保険? 三井生命「ドリームクルーズ」は、一生涯にわたり死亡・高度障害保障を準備できるのはもちろんのこと、予定利率が 2. 5% と高めの設定がされており、豪ドルで毎月積み立てることで資産形成ができる保険です。 三井生命保険の評判「保険料が安くなった、保険の見直しをして良かった」等の加入者の口コミを掲載して比較。 業界人のリアルな目線で三井生命保険のメリット・デメリットを掲載中。 生命保険の選びに迷ったら是非参考にしてみてください。 三井生命が取り扱っているドリームクルーズプラスについて調べている人には、以下のような記事もおすすめです。 三井生命のドル建て保険が気になる人は. 三井生命で取り扱っている外貨建て保険の解説と所見. ドル建て保険に興味を持っている人は 外貨建での一生涯の保障をご希望の方に、大樹生命の「ドリームクルーズワイド」 三井生命のドリームクルーズについて。 保険の人に年利3. 最低、10年間と聞きました。 この積立て型の保険に全くデメリットがないよう思うのですが、詳しい方教えて ください。 大樹生命 外貨建て一時払い養老保険 ドリームロード・ドリームロードステップ 評価. 記事更新日:2018. 25 三井生命が取り扱っているドリームクルーズプラスについて調べている人には、以下のような記事もおすすめです。 三井生命のドル建て保険が気になる人は. 三井生命で取り扱っている外貨建て保険の解説と所見. ドル建て保険に興味を持っている人は 三井生命は3,4位と地味ながらドリームクルーズの両商品が5位以内にランクインしました。 ソニー生命のドル建て保険の悪評判は論点をすり替えているに過ぎない — ドル建て保険 ジブラルタ生命, ソニー生命, ドリームクルーズワイド, 2018年4月に改定されたドリームフライトは、ネットの口コミは、評判が分かれていて、外貨(ドル)建てなので、積立利率が高かったり、個人年金保険料控除で節税になる、といったメリットはありますが、デメリットや注意点はどうなっているの?契約して本 三井生命の口コミをを集めました。 昭和2年発足、平成16年に株式会社に組織変更。 死亡保障重視や生前給付重視にできるベクトルxが売れてる商品だと思います。 三井生命の口コミをどうぞ。 大樹生命 外貨建て一時払い養老保険 ドリームロード・ドリームロードステップ 評価. 記事更新日:2018. 25 日本最大級の調査規模【2019年 オリコン顧客満足度ランキング】調査商品10商品・実際の利用者30人に調査。 ユーザーに選ばれた満足度の高い外貨建て保険商品 保険料とは?外貨建て保険商品を選ぶ前にクチコミや評判を比較しよう! 大樹生命のドリームクルーズプラスを解説。 月払いできる豪ドル終身保険です。 米ドルよりも予定利率が良い豪ドルですから運用効率が良いのでしょう。 余計な特約が無いのでさらに資産運用に特化できそ ・ドリームクルーズワイド 無配当外貨建終身保険016(予定利率更改型) ・フラット外貨終身 無配当低解約返戻金型外貨建終身保険(予定利率毎月更改型) ・想いをはぐくむ大樹の学資 無配当外貨建学資保険 住友生命は営業さんを多用したローラー作戦的な営業活動や、イメージ先行型のcmや商品名などで、日本生命、第一生命、明治安田生命などと同じく、現在はあまり評判はかんばしくない状態といえるで 資産形成用の保険 大樹生命のhpを見ると、ドリームクルーズプラスのページで「外貨建での一生涯の保障と計画的な 資産形成 をご希望の方に」という紹介をしています。 このサイトは、外貨建て保険の高い予定利率で資産運用ができたら的な趣旨がありますので、ドリームクルーズプラス紹介 グランドクルーズ、おまかせください 養老保険 ザ・らいふ-m 定期保険 定期保険-m、ステイタス-m 外貨建終身保険 ドリームクルーズ、ドリームクルーズプラス 外貨建養老保険 ドリームロードステップ、ドリームロード 公式ウェブサイト: 三井生命保険株式会社 最もお得でオススメか!?三井生命 ドリームフライトの通貨ごとの利率・利回り・年金額を比較し評判通りか評価! 三井生命 ドリーム フライトは条件付きだが最もお得でオススメか!? ドリーム フライトは三井生命の外貨 続きを表示 三井生命 三井生命のドリームロードって保険に入ろうか考えてます。 養老保険や終身保険は保険の役割も大きく安心です。 大きく分けて、保険料をまとめて払い込んで大きく増やす方法と、毎月コツコツと保険料の払込をする方法です。 ドリームクルーズワイド(三井生命) ドリームクルーズワイドは月払いの豪ドル建て終身保険です。 予定利率は 2. 50% (2019年2月1日~2月28日に責任開始日がある場合)で 最低保証予定利率は2. 00% で 来月4月から「大樹生命」と社名を変更する三井生命。 名前は変わってもサービスはそのままにしてほしいところですが、どうなるのでしょうか。 005100 三井生命は、10月1日から無配当一時払外貨建生存給付金付特殊養老保険「ドリームロードステップ」「ドリームロード」の販売を開始する。 ドリームクルーズ特集 2016年11月 クルーズ旅行と船旅の事ならクルーズ専門旅行会社【ベストワンクルーズ】海外・国内クルーズ、豪華客船の商品を豊富に格安で取り揃えております。 エーゲ海・地中海・カリブ海・ハワイ・アラスカ・日本発着等の世界中のクルーズが取扱いございます。 資産形成用の保険 大樹生命のhpを見ると、ドリームクルーズプラスのページで「外貨建での一生涯の保障と計画的な 資産形成 をご希望の方に」という紹介をしています。 このサイトは、外貨建て保険の高い予定利率で資産運用ができたら的な趣旨がありますので、ドリームクルーズプラス紹介 代表的なのは、定期付終身保険、そしてアカウント型保険(第一生命の「堂々人生」、明治安田生命の「ライフアカウントL.A」、住友生命の「ライブワン」など)と呼ばれる生命保険商品です。 必要な保障の数々が一つにまとまっている、と言われたら便利に聞こえるかもしれません。

次の

Archives for 1月 2020

想いをはぐくむ大樹の学資

子どもの教育資金を貯めるのに「ドル建ての保険」か「円建ての保険」か迷っているお父さん、お母さんは多いのではないでしょうか? 「円建てだと増えない」「子どもの教育費はかなりかかりそうだしなるべく多く準備してあげたい」と思っている人も多いでしょう。 一方で、「ドル建てってリスクがあるんでしょ?」と円建てで確実に貯めていきたいと考えている人もいると思います。 そもそも「ドル建て保険」とは、保険料の支払いと保険金の受け取りをドルで行う保険のことです。 特約を付けることによって、円で行うこともできます。 金利を比べてみると、日本は-0. 為替差益が生まれる点もドル建てならではです。 ドル建て保険は、為替差損によって大きく損をしてしまうこともあります。 さらに、解約したい!教育資金に充てたい!と思ってもそのときの為替レートによっては解約時に損をしてしまうことも十分に考えられます。 解約のタイミングが難しいという点だけを見れば、ドル建て保険は教育資金を貯める方法として有効なのかそうでないのかがはっきりと分かると思います。 ドル建て保険に加入する際には、商品の仕組みや注意点をよく理解しなければならないのです。 ドル建て保険は、メットライフ生命やソニー生命をはじめ、多くの保険会社が取り扱っています。 それぞれ保障内容も異なっていて、その点もこの記事でご紹介しています。 最後には、番外編として老後の資金を貯めるのに、ドル建てがいいのか、円建てがいいのかも解説しています。 この記事を読んで、「ドル建て保険」の理解を深めていきましょう! 教育資金を貯蓄するのはどっちがお得?「ドル建て」か「円建て」か 子どもの教育資金を貯めていくのに、「ドル建て」の商品が気になっているお父さん、お母さんは多いのではないでしょうか? 最近では、外貨建て保険の販売が過去最高になっています。 子どもの進路によって準備しなければならない教育資金の額は異なります。 子どもの進路、子どもがやりたい!と思うことは、いつ変わるか分かりません。 できればお父さん、お母さんが十分に備えてあげたいですよね。 まずは、「円建て」と「ドル建て」の仕組みを簡単に解説していきます。 「円建て」「ドル建て」ってどういうもの? 通常、保険は契約者が保険会社に対して保険料を支払い、時期が来たら保険金を受け取るものです。 解約すれば解約返戻金を受け取れるものもあります。 ここまでの仕組みは多くの人が知っていると思います。 「円建て」というのは、この一連の流れを全て「日本円」を行うことです。 つまり、円で支払い、円で受け取るということです。 一方、「ドル建て」とは、この一連の流れを全て「ドル」で行うことです。 ドルには、米ドルや豪ドルがあります。 「ドル建て」と聞いて、あまり難しく考える必要はありません。 円で行うか、ドルで行うかの違いです。 円建て終身保険で教育資金を積み立てる 教育資金を貯めるのに、円建ての終身保険で準備する人もいます。 円建て終身保険とは、「円建て」とついているだけで、通常の終身保険を同じです。 まず、円建て保険とはどのようなものか、そのメリットやデメリット等について解説していきます。 円建て保険とはどのようなものか 先ほどと重複しますが、円建て保険とは、契約者が円で保険料を支払い、保険金や解約返戻金も円で受け取る保険です。 私たちがよく耳にする一般的な保険です。 例えば、円建て終身保険だったら、保険料を円で一定期間(もしくは終身で)払い込んでいき、被保険者が死亡や高度障害になった場合には円で保険金を受け取ります。 途中で解約すると、円で解約返戻金が支払われます。 円建て保険のメリット・デメリット 円建て保険のメリットとデメリットはどの点にあるのでしょうか? 以下の表にまとめてみました。 ということは、毎月の保険料も一定で、保険金の額も決まっているので、収支の管理もしやすくなります。 毎月の保険料が為替レートによって10,000円であったり、11,000円であったりすると、今後自分は保険会社にいくら支払っていくかが明確に見えてこないですよね。 さらに、保険金や解約返戻金の額も正確にはわかりません。 そういった意味で円建て保険だと、安心感を得ることができます。 理由は2つあり、1つにはドルと比べた場合、日本円は金利が低いことにあり、もう1つにはそもそも為替レートに左右されないため、為替差益というものがないことにあります。 円建ての保険を選ぶ際の1つのポイント 円建ての保険を選ぶときには、以下のポイントに気を付けましょう。 ・外貨建て保険を勧められることもある。 先述したように、最近のニュースで、外貨建て保険の販売が過去最高になったという報道がありました。 例えば、明治安田生命では2019年の2月から「つみたてドル建終身」というドル建て保険を発売しました。 さらに、オリックス生命では2019年4月から「米ドル建終身保険Candle[キャンドル]」を発売しました。 2018年度の大手生命保険会社5社の外貨建て保険の販売は、2017年度よりも5割も増えています。 円建て保険の販売は、2016年のマイナス金利の導入により一部停止されていましたが、現在は販売を再開している商品もあります。 ただ、流れとしては外貨建て保険を勧められる傾向にありますので、その点注意しましょう。 これは、保険会社が株式や債券(特別勘定といいます)を中心にして運用していき、その運用次第で受け取れる保険金や解約返戻金が増えたり、減ったりする保険です。 上手く運用がいけば、保険金などは大きく増えていきます。 変額型保険には、終身型と有期型があります。 保険期間が一生涯なのか、一定期間なのかの違いです。 注意点としては、死亡・高度障害の保険金は契約のときに決めた最低保証がありますが、その他の満期保険金、解約返戻金には最低保証はありません。 ドル建てで教育資金を積み立てる 次に、ドル建て保険について詳しくみていきましょう。 ここまで見てきて、大体ドル建て保険がどういった仕組みなのかは分かった人は多いと思います。 メリットやデメリット、保険料や受取金額のシミュレーションもみていき、より理解を深めていきましょう。 ドル建て保険とはどのようなものか ドル建て保険とは、保険料の払い込みと保険金の受け取りを全てドルで行う保険です。 例えば、ドル建て終身保険だったら、ドルで保険料を一定期間払い込んでいき、被保険者が死亡や高度障害になった場合にはドルで保険金を受け取ります。 解約しても返戻金はドルで受け取ります。 商品によっては、特約をつけることで実際契約者が保険料を払い込むときは円でできたり、受け取りも円でできるものもあります。 また、そういった特約を必ずつけなければならないという商品もあります。 ドル建て保険が最近人気の理由は? ドル建て保険が最近人気になってきている理由はいくつか考えられますが、1番 大きな理由は、「日本よりも金利が高い」ことにあります。 10年国債の利回りをみてみると(2019年6月10日現在)、 ・日本 -0. アメリカは2. こうみると受け取れる保険金額に差が出てくるのも、一目瞭然です。 さらに、日本の大手銀行である三井住友銀行は、2019年5月から国内で初めての外貨建ての学資保険「想いはぐくむ大樹の学資」の取り扱いを始めました。 この保険は、円で保険料を払い込んで、初回の保険金受取時期までに目標到達しない場合にはドルで受け取り、その時期の前に目標到達した場合には円建ての学資保険に自動的に移行し、円で保険金を受け取る仕組みです。 初回の受取時期は高校3年生の11月1日と決まっていて、そこから5回にわけて受け取るか、一括で受け取るか選べます。 さらに、円建ての学資保険と同じように、契約者の万一の保障もしっかりついていて、出産前からも加入できます。 今後、この外貨建ての学資保険がどのように売れていくのか、注目していきましょう。 特にデメリットが気になるところですよね。 以下の表にまとめてみました。 例えば、アメリカのここ1年間の10年国債の利回りをみてみると、一番高いときで3. オーストラリアでも2. もちろん過去のことなので今後どうなるか読むのは難しいですが、ドルがすごく魅力的に感じますよね。 為替差益によって増えた例は、後ほどシミュレーションでご紹介します。 教育資金は予想外の出費がかかることも考えられます。 できるだけ多く子どものために準備しておきたいものですよね。 保険金、解約返戻金を受け取る際にドルから円に戻すと為替手数料がかかってしまうこともあり、その点を不満に思っている人も多いと思いますが、ドルのまま受け取ればその時の為替手数料はかからずに済みます。 子どもに留学させたい!と考えているお父さん、お母さんには嬉しいですよね。 為替レートによっては、為替差損により大きく損をしてしまうことも考えられ、教育資金額の目標に大きく届かない可能性も十分に考えられます。 為替差損についても、後ほどシミュレーションでご紹介します。 為替は各国の経済状況など様々な要因によって変動します。 私たちにはなかなか予測が難しいところです。 解約の時期は自由です。 ただ、ドル建て保険の場合、解約したい!と思った時に為替レートによっては、できない、損をしてしまうことも考えられます。 例えば、教育資金を貯めるのにドル建て終身保険に入ったとして、大学入学前に解約しよう!と思っていても、為替レートによってはそのときがベストなタイミングではないかもしれません。 これは契約者の負担になります。 無料でできるのではありません。 為替手数料は商品によって異なり、例えば、ソニー生命の「米ドル建終身保険」だと、1ドルにつき0. 01円となっています。 外貨預金口座は店頭でも作れますし、ネットでも作れます。 ただし、注意点もあり、外貨預金は預金保険制度の対象外となります。 預金保険制度とは、金融機関が破綻した場合に預金を保護する制度で日本の普通預金や定期預金などは対象となります。 ただし、外貨預金は対象外となっています。 一括で保険料1,000,000円を支払い、運用して保険金を円で受け取り、その結果どのくらいお金が増減したのか見ていきます。 運用により2,000ドル増えたとします。 また、それぞれ1ドル90円、100円、110円の3パターンで算出します。 支払い時と受取時のレートは変わらないとします。 為替手数料は考慮しません。 このようにドルでの保険料がいくらになるか、ドルでの保険金額がどのくらいになるか、そして円に換算するとどのくらいになるかについて、大まかではありますがみてきました。 ただ、払い込むときと受け取る時のレートは一致しないことがほとんどですので、ここで(2)を使って払い込むときは1ドル100円だけど、受け取るときは1ドル120円もしくは80円だと仮定してシミュレーションしてみます。 ・1ドル120円のときに12,000ドルを円に直して受け取ると、1,440,000円になる。 このように、保険料を払い込むときのレートと比べて保険金を受け取るときのレートが円安になると、利益を得ることができます。 この利益を為替差益といいます。 ・1ドル80円のときに12,000ドルを円に直して受け取ると、960,000円になる。 このように、払い込むときのレートと比べて受け取るときのレートが円高になると、損失を被ることになります。 この損失を為替差損といいます。 ドル建て保険を選ぶ際の1つのポイント 次に、ドル建て保険を選ぶ際のポイントを1つご紹介します。 ・仕組みやリスクをよく理解してから加入する。 これは当たり前のことですが、ドル建て保険に加入する際にはより大事になってきます。 ドル建て保険は仕組みが複雑です。 商品のパンフレット等には仕組みや注意点などが記載されていますが、普段聞きなれない言葉が使われていたりして、よく理解できない人がほとんどだと思います。 そして、それとともにリスクを伴うことをよく理解してから加入しなければなりません。 事実、国民生活センターには近年、銀行窓口で外貨建て保険に関する苦情が多く寄せられています。 特に高齢者による苦情が多いようですが、子どもを持つお父さん、お母さんも注意しなければならないことには変わりありません。 保険商品にもクーリング・オフ制度は使えますが、外貨建て保険の場合、クーリング・オフで返されるお金は外国通貨になることもあり、それを両替すると損失を被ることもあります。 ドル建て保険を銀行窓口から加入するときでも、保険会社から直接加入するときでも、不明な点はしっかり聞いてよく理解してから加入するようにしましょう。 ちょうど1年前の2018年6月の中旬ごろから見ていくと、そのころは1ドル110円前後を推移していました。 その後、円安になり7月の中旬ごろには112円後半までいきました。 その後も大きく乱高下し、9月から10月にかけては最安の114円台までいきました。 2019年にかけて108円前半までいき、2019年6月11日現在は1ドル108円後半となっています。 今後の予想として、2019年5月末にみずほ銀行から出た「中期為替相場見通し」によると、今後1年間は少しずつ円高傾向になるとみられています。 2020年の4月から6月期の予想は1ドル100円となっています。 為替相場は、世界の経済状況などに大きく影響されます。 為替レートはネットですぐに調べられます。 ドル建て保険を考えている人は日ごろからチェックする習慣をつけましょう。 円建て保険で確実にお金を貯めていき、それにプラスしてドル建て保険を投資の1つとして利用しましょう。 ですので、確実に貯めたい部分は円建て保険で用意した方が良いのです。 ドル建て保険おすすめ5選 次に、実際に販売されているドル建て保険をご紹介します。 メットライフ生命、プルデンシャル生命、ソニー生命、アクサ生命、ジブラルタ生命のドル建て保険をいくつか説明していきます。 メットライフ生命 メットライフ生命は、医療保険のフレキシィSなどが有名ですが、外貨建て保険も多く取り扱っています。 「サニーガーデンEX」と「ビーウィズユープラス保障重視コース」は、一時払の終身保険です。 ここでは、「USドル建終身保険ドルスマートS」の特徴を解説していきます。 ここ1年間の積立利率を見ると、3. この保険は「積立利率変動型」なので、運用が上手くいけば3. 「サニーガーデンEX」と「ビーウィズユープラス保障重視コース」では、豪ドルの扱いもあります。 これは、保険料払込期間の解約返戻金を低くすることによって、保険料を割安にできるプランです。 円建て終身保険にも低解約返戻金型のものがあります。 ただし、払込期間中に解約した場合には返戻金が少なくなるのに加えて、返戻金をドルから円に換算する場合には為替レートによってはさらに少なくなることもあります。 保険料が免除されても保障は続きます。 ただ、この特約を付けることで保険料は高くなります。 この特約を付けたい人は、要介護状態がどこからなのかを詳しく調べておきましょう。 さらに、がんの中でも上皮内新生物は含まれませんので、注意しましょう。 「特別終身保険」は無告知型のもので、健康状態に不安のある人でも入りやすい商品です。 さらに、「介護終身保険」では、認知症になった場合の保障もついています。 ここでは、「米国ドル建終身保険」の特徴を解説していきます。 メットライフ生命同様の特約が付加できます。 これは高額割引制度が適用されることによって、安くなります。 50,000米ドルは、日本円でおよそ5,430,000円(2019年6月11日現在)です。 メットライフ生命のような特定の条件に該当したときに、保険料の払い込みをしなくてもよくなる仕組みはありません。 「介護終身保険」にはこの仕組みがあります。 「米ドル建終身保険」「米ドル建一時払終身保険」「米ドル建養老保険」「米ドル建特殊養老保険」「米ドル建生前給付終身保険」の5つが販売されています。 一時払いの終身保険は無告知型となっています。 ここでは、「米ドル建終身保険」の特徴を解説していきます。 この商品には保険料を円で払い込む特約がありますが、これは必ず付加しなければいけません。 ただし、受け取りは米ドルか円のどちらでもできます。 この保険にも保険金額が一定以上になると適用されます。 商品によって保険料免除の条件は異なりますが、この保険では不慮の事故により身体障害状態になった場合に払い込みがなくなります。 不慮の事故とは交通事故などです。 特約を付加した場合に年金形式で受け取れます。 ただし、これは円のみでの受け取りになります。 聞きなれない特約名ですが、これは被保険者が65歳以上で要介護4か5と認定された場合に、保険金を前払いするものです。 この保険も特約をつけることで円での払い込みができます。 こちらも特約をつけることで、円で年金を受け取れます。 ただし、ソニー生命のように解約返戻金は年金では受け取れません。 ここでは、「米国ドル建終身保険」の特徴を解説していきます。 この保険でも、保険金が50,000米ドル以上であれば保険料が安くなります。 ソニー生命と同じく、保険金、解約返戻金ともに年金として受け取れます。 さらに形式も3タイプあり、「確定年金」「保証期間付終身年金」「保証期間付夫婦連生終身年金」から選べます。 被保険者が65歳以上などの一定の条件を満たして、所定の要介護状態になったときには介護年金が受け取れます。 ただ、教育資金は子どものためにも確実に貯めてきたいものでもあります。 そう考えると、リスクの少ない学資保険が良いとも言えます。 ですので、確実に貯めたい部分は学資保険で確実に貯めて、それにプラスする形でドル建て保険を利用するのが良いでしょう。 どのくらいの割合にするかは、その家庭によって異なりますので、今後教育資金がどのくらい必要になるのか、その中でも確実に貯めたい部分はいくらになるのか、しっかりと確認しましょう。 子どもの教育費については、後ほど解説していきます。 ドル建てと円建てどれくらい違う?実際の商品比較 ここでドル建て保険と円建て保険の違いを実際の商品を比較して解説していきます。 学資保険の代わりとして最近加入されることの多い低解約返戻金型終身保険のドル建て商品と円建て商品を比較してみます。 用いる商品は、オリックス生命の「ライズ」と、先ほど説明した「キャンドル」です。 教育資金を貯めるのに多くの人が注目する点は、返戻率ですよね。 それぞれ返戻率がどのくらいなのか、注目してみましょう。 ・共通の条件 契約者30歳男性 保険料払込期間60歳払済(30年間払い込む) ・キャンドルの条件 保険金額100,000ドル 保険料116. 50ドル(保険料は円で払い込むことになるので、為替レートにより毎月変動します。 例えば、1ドル110円の場合の保険料は12,815円となります。 ) ・ライズの条件 保険金額5,000,000円 保険料10,870円(1ドル100円と考えたときに、キャンドルと保険料をなるべく合わせるために保険金額は5,000,000円にしました。 円建ての保険料は一定です。 ) なお、以下の表はオリックス生命のホームページに掲載されている契約例とシミュレーションを参考に作成しました。 払い込んだ保険料(キャンドル) 返戻率(キャンドル) 払い込んだ保険料(ライズ) 返戻率(ライズ) 解約返戻金(キャンドル) 解約返戻金(ライズ) 10年後 13,980. 00ドル 75. 00ドル — 20年後 27,960. 00ドル 85. 00ドル — 30年後 41,940. 00ドル 98. 00ドル — 払込期間終了直後 41,940. 00ドル 140. 00ドル 約4,300,000円 払込期間終了直後の返戻率を見てみると、キャンドルが140. そして、キャンドルの「59,004. 00ドル」を円に換算してみます。 ・1ドル90円の場合 5,310,360円 ・1ドル110円の場合 6,490,440円 これは契約の一例です。 ドル建て保険の場合は為替相場の影響を受けるので、解約返戻金額が払い込んだ保険料額よりも少なくなることがありますので、その点は注意しましょう。 ですので、先ほど説明したドル建て保険のメリットとデメリットを全て理解できる人、シミュレーションの流れを理解できる人、為替相場の動きを正しく理解できる人や解約の時期を見極められる人におすすめです。 子どもを留学させたいお父さん、お母さんにもおすすめします。 円建て保険はこんな人におすすめ 円建て保険は、教育資金を確実に貯めたい人、毎月決まった保険料を払い込んでいきたい人におすすめします。 「そんなにお金を多く増やせなくてもいい」「リスクを伴うよりは確実に貯めていきたい」「毎月保険料が一定でないのは苦手」という人はぜひ円建て保険で教育資金を貯めていきましょう。 子どもの教育資金の貯蓄方法を選択する際の重要なポイント 子どもの教育資金を貯蓄する方法はたくさんあります。 その方法を選択する際のポイントはどういった点にあるのでしょうか? それは、「教育費がいくらかかるかを知ること」と、「教育費をいつ、いくら使うか計画を立てること」です。 子供の教育費はいくらかかるかを知る まずは、子どもの教育費がいくらかかるか知りましょう。 幼稚園、小学校、中学校、高校、大学の教育費を表にまとめてみました。 公立幼稚園 682,117円 私立幼稚園 1,445,385円 公立小学校 1,934,173円 私立小学校 9,164,628円 公立中学校 1,433,090円 私立中学校 3,979,521円 公立高校 1,351,336円 私立高校 3,109,805円 大学は国立と私立文系でそれぞれ実家から通学するのか、1人暮らしなのかに分けてまとめてみました。 国立(実家) 5,243,000円 国立(1人暮らし) 8,123,000円 私立文系(実家) 6,684,000円 私立文系(1人暮らし) 9,332,000円 この他に大学受験料も大きな負担になります。 センター試験(3科目以上)で18,000円、国立の2次試験で17,000円、私立では30,000円以上はかかります。 併願することを考えても受験料だけで100,000円はかかると見ておいた方がよいでしょう。 各家庭で「いつ」「いくら」かが分かれるところは、公立にするか、私立にするか、大学まで進学させるかだと思います。 例えば、幼稚園から高校(全て公立)まで通わせたい場合には、5,400,716円かかります。 さらに私立大学(実家)まで通わせたい場合には、合わせて12,084,716円かかり、そこに受験料が加わります。 特に私立は各学校によって授業料など大きく異なるので、どのくらいかかるのかは早めに調べておきましょう。 そして、学資保険やその他の保険、方法で加入する際には、その商品の受取時期が自分が必要とする時期に合っているか、調べることも重要です。 学資保険であれば、商品によっては大学入学から在学中までしか準備できないものもあるので、高校入学から保険金を受け取りたいのであれば、しっかりと商品を吟味する必要があります。 終身保険であれば、受け取りたい時期になったら解約することができます。 だた、注意したいのはドル建て保険の場合です。 ドル建て保険のデメリットのところでも触れましたが、為替レートによっては解約したい時期なのにお金があまり増えなかったということが考えられます。 例えば、大学入学前に初年度納付金や一人暮らしのための敷金礼金などが必要になるから、解約しようとしたけれど、その時がベストなタイミングではない可能性も十分に考えられます。 そういった点においても、教育資金の貯蓄方法はしっかりと確認して決めなければいけないのです。 【番外】老後の資金積立はドル建て、円建て、どちらがいいのか 最後に【番外編】として、老後の資金積立について解説していきます。 ドル建て保険は、金利が高いため、解約しないでいると段々と解約返戻金が増えていく特徴を持っています。 ホームページに載ってる解約返戻金と返戻率を上げてみると、以下の表のようになります。 低解約返戻金プランで、積立利率が年3. 80ドルの場合です。 払込保険料累計 解約返戻金 返戻率 10年後(40歳) 27,336ドル 17,774ドル 65. 教育資金を貯めるとなると、子どもが0歳の場合、受け取らなければならない時期が16年後、18年後といった短期間で解約しなければならないケースが多くなるので、上記のような返戻率は期待できなくなります。 ですが、老後の資金積立となると、30歳で加入しても会社を退職する65歳で解約したとしても、35年間も据え置くことができるので高い返戻率を期待できます。 ですので、老後の資金を長期的に、若いうちから積み立てる場合にはドル建て保険も有効になってきます。 ただし、ドル建て保険を選ぶ際のポイントでも説明したように、商品の仕組みや注意点はしっかり理解した上で加入するようにしましょう。 教育資金を貯めるとなると、解約時期も早めになるのでドル建ての金利の恩恵は受けづらいのかもしれません。 ただ、今はドル建ては必要ない!と思っていても、今後教育資金の貯蓄以外でお世話になるかもしれません。 そういった意味でも、ドル建て保険について理解しておくことは重要です。 自分の家庭にはどの教育資金の貯蓄方法が合っているのか、しっかり吟味していきましょう!.

次の